Qiita
Markdown

Qiitaのテーブルの書き方についてまとめた

More than 1 year has passed since last update.

Qiitaのテーブルについて、試した結果をまとめた。

テーブルの入力ってめんどくさいけど、みんな手入力してるのかな。

そもそも、あんまり使ってない人が多いのかも。


構造


基本的なテーブル


|a |b |c |
|---|---|---|
|1 |2 |3 |
|4 |5 |6 |


  • 1行目: ヘッダを表示する行。ここでは「 ヘッダ行 」と呼ぶ。

  • 2行目: 列ごとのアラインメントを設定する行。ここでは「 アラインメント行 」と呼ぶ。

  • 3行目以降: データを表示する行。ここでは「 データ行 」と呼ぶ。好きなだけ追加可能。

テーブルの前には、空白行が必要。

上のMarkdownは、下のようなテーブルとして表示される。

a
b
c

1
2
3

4
5
6

セルの両端の空白は削除される。

セル同士の結合は不可。


ヘッダ行

主に、列の名前を表示する。

文字列は全て太字で表示される。

ヘッダ行の列数によって、テーブルの列数が決まる。


アラインメント行

「左寄せ」「右寄せ」「センタリング」を設定する。

列ごとの設定であり、セルごとにアラインメントを設定することは不可能。

テーブルには表示されない。


  • 左寄せ --- (または:--)

  • 右寄せ --:

  • センタリング :-:

最低3文字必要。ハイフンはいくらでも延ばしてよい。

使用可能な文字は「:」「-」の2種のみである。(削除されるが、前後に空白も可能)

他の文字が混入していた場合、テーブルと認識されない。

ただし、テーブルに表示されていない列であれば好きに書いてよい。

アラインメント行の列数は、ヘッダ行の列数以上必要。

それ未満の場合、テーブルとして認識されない。

多ければ表示が省略される。


データ行

各セルの値を表示する。

何行でも、何列でも追加可能。

1つ以上の列があれば、データ行と見なされる。

多ければ表示が省略される。


テーブルの大きさ

テーブルの列数は、ヘッダ行の列数と同一である。

また、同数以上のアラインメント行の列も必要である。

データ行はテーブルの列数に影響を与えない。

データ行の列数は、少なければ空のセルが挿入され、多ければ省略される。

テーブルの行数は、アラインメント行が表示されない為、Markdownの行数-1となる。


変則的なテーブル


|a |b |c |
|---|---|---|---|---|---|表示が省略されている列であれば、アラインメント行は好きに書いてよい。|
|
|
|1 |2 |3 |4 |5 |6 |ヘッダ行が3列なので、4列目からは表示されない。|

a
b
c

1
2
3


最小の構成


1×1のテーブル


x|
---

x

最小のテーブルは上のようなものである。

両端の「|」は省略可能である。


2×2のテーブル


x|x
---|---
x|x

x
x

x
x


他のMarkdownとの併用

テーブル内部でも、1行で終わるMarkdownであれば使用可能。

太字・斜体は通常は前に空白が必要だが、左端では不要。

また、ヘッダ行の先頭に「>」を置くと、テーブル全体が引用となる。


テーブル内で使用可能なMarkdown

|`code` |*italic* |
|----------|--------------------------|
|**bold** |***bold italic*** |
|$ \omega $|[Qiita](http://qiita.com)||


code
italic

bold
bold italic

$ \omega $
Qiita