Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS認定 高度なネットワーキング - 専門知識 に合格したので

はじめに

AWS認定 高度なネットワーキング - 専門知識 に合格しました。
合格までにやったこと、試験に向けてのポイントなどを書いていきます。
中の人はISP(プロバイダ)出身でBGP等のネットワーク技術の知識は元々持っておりそのあたりの勉強法については記載していません。

どんな試験なのか

ネットワークに関連した(これがかなり広い)AWSのサービスと一般的なネットワーク技術に関する試験です。
ネット上では「ダイレクトコネクトの試験」等と揶揄されていたりしますが出題割合からそう言われるのも納得だなと思います。
専門知識シリーズ共通ですが、AWSのサービスに限らずネットワーク全般についての知識はもちろん必要です。

受験までにやったこと

勉強のポイント

  • 模擬試験やサンプル問題は参考程度
    • 数が少ないからですが本試験では全然別の問題も出ます
  • 上限緩和申請不可能な制限を覚える
  • VPC,DX,VPN,TGWのルーティングや接続でできること、できないことを覚える
    • 2種類のVPCエンドポイントの動作、別ネットワークからの通信可否
  • APIは名称をざっとでいいから目を通しておく
    • あたかも存在しそうな名前だけど実は存在しないAPI名等を見抜けるように
  • アーキテクチャに依存した制限事項を覚える
    • 例:インターフェースエンドポイント(AWS Privatelink)へのVPCピアリング越しのアクセスはNitro世代(c5,m5,i3.metal等)のみ可能

結果

80%を目標にしていましたが一歩届かず。難しかったです。

総合成績: 78%
分野別の成績 :
1.0  Design and implement hybrid IT network architectures at scale: 75%
2.0  Design and implement AWS networks: 71%
3.0  Automate AWS tasks: 100%
4.0  Configure network integration with application services: 85%
5.0  Design and implement for security and compliance: 83%
6.0  Manage, optimize, and troubleshoot the network: 71%

まとめ

専門知識シリーズの中でも難しい部類に入るであろう試験ですが、AWS専用線アクセス体験ラボに参加してDirect Connectを一度経験しておけばあとは座学でなんとかなると思います。
AWSJ本社(目黒)で定期的に開催されていますから是非参加して合格を目指しましょう。

======

zakky
旅人。 いつかは旅人CTO。 AWS Certified Advanced Networking Speciality, Security Speciality, Solution Architect Professional
http://ntuser.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした