Help us understand the problem. What is going on with this article?

Cloudera QuickStart VMを試す

More than 3 years have passed since last update.

ClouderaのQuickStartVMを利用するためのまとめ。
常に変化しているので随時キャッチアップ(これは2015年11月15日時点の情報です)。

参考

準備

ダウンロード

ダウンロードボタンのCSSがずれててうまく押せない。。。ボタンの下の方を押せば大丈夫みたいです。
私はVMWare版をダウンロードしました。

解凍

サイトにも書いていますが、解凍は7zipを使ったほうがよいみたい。
私はMacなので、brewでインストール。

brew install p7zip
7z e 

解凍が完了すると、いくつかのファイルができますが、その中の、cloudera-quickstart-vm-5.4.2-0-vmware.vmxをVMWareから開きます。

VMの起動

起動前に、可能な限りのメモリとCPUを割り振ります。
マシン環境に依存すると思いますが、起動にはしばらく時間がかかります。ログインは自動的に行われるようです。

キーボードレイアウトの変更

私はJIS配列のキーボードを使用していますが、VMの設定はUSになっているようなので変更します。

GUIからSystem->Preferences->Keyboard->Layouts->Add...->Country->Japan->Add

という流れで設定し、Layoutの画面でJapaneseをDefaultに設定し、再起動すればよいでしょう。

こちらのサイトが大変参考になります。

日本語化

日本語サポートをインストールします。

sudo yum install japanese-support

一度ログアウトするか再起動します。

ブラウザを日本語化する

MacだとOptionを押せば、メニューが表示されますので、Edit->Preference->Content->Languages->Chooseを選び日本語を追加します。

JSTにする

標準ではUSTになっているようです。日本時間に変更しましょう。

sudo cp /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
sudo vi /etc/sysconfi/clock

で、ZONE="Asia/Tokyo"

に変更。

利用

Cloudera Expressを起動

デスクトップ上にある「Launch Cloudera Express」をダブルクリックします。すると、「最低でも8GBのRAMをおすすめします・・・」というメッセージが8GB以上のRAMを割り当てても出ます(苦笑)。

このチェックを無視して実行するためには、下記のコマンドを実行します。
expressを利用するには--express optionを付与するとよいようです。

sudo /home/cloudera/cloudera-manager --force --express

コンソールを開けば/home/clouderaなので、
sudo ./cloudera-manager --force --express
とすればいいです。

http://quickstart.cloudera:7180 にアクセスしろと出るのでアクセスします。ID,PWはそれぞれclouderaです。

なお、このコマンドは再起動を行った際は毎回必要なようです。

各サービスのステータスが?になっている

サービスが起動できていないのか、ステータスがうまく取得できていないのか?(たぶん後者)、ステータスがグリーンになっていない場合がありますが、しばらく待てばオールグリーンになるようです。

ならない場合は、Cloudera Management Serviceを再起動してみます。
それでだめなら各サービスを再起動してみます。

Hueでサンプルのクエリを実行する

Hueのクイックスタートの「手順2」で必要なアプリケーションサンプルをインストールします(しておきます)。
すると、「家マーク(マイドキュメント)」で、サンプルリストを見ることができます。

必要なSampleをクリックし、クエリを実行してみましょう。

zaburo
こんにちは。自分用のメモをだらだら公開しています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away