SQLServer

コマンドラインでSQL Serverを使う最低限のメモ

More than 3 years have passed since last update.

いつもMySQLをコマンドラインで使うことが多いので、SQLServerもメモ。


クライアントツールのインストール

CLIのツールはSQL Serverを普通にインストールすれば、インストールされます。

追加でインストールする場合は、


  • SQLのディスクからなら、共通機能->管理ツール 完全でインストール

  • SQL Server Feature Packから単体でのインストールも可能


    • 依存ファイルであるsqlcli.msi(sql client tool)をインストール

    • SqlCmdLnUtils.msc(sqlcmd)をインストール



Feature PackはSQLのバージョンに合わせて随時ググってDL場所を検索。


基本的なコマンド

基本、sqlcmdコマンドを使う。SQL Serverをインストールすれば、Pathは通ってるはず。

通ってなければ通す。


ログイン

IDをPWでログインする場合。もちろん複合認証にしておく必要があります。

sqlcmd -S server -U user -P password

統合認証。

sqlcmd -E -S localhost

という感じ。

データベースも指定する場合は、

sqlcmd -S server -U user -P password -d database

とする。


データベース一覧

select name from sys.databases;

go

コマンドラインでは命令の後にgoをつけると実行される。


以下go省略。



データベースの作成

create database testdb;

とにかく命令の最後はGOを付ける。


データベースの指定

use testdb;


テーブルの作成

いわゆるオートインクリメント指定。

create table members(

id int identity(1,1) primary key,
name nvarchar(32),
birthday datetime
);


テーブルの一覧

select name from sysobjects where xtype = 'U'


愚痴

しかし、T-SQLの管理系コマンドってなんでこんな利便性低いのでしょう?

GUI前提というのもあるのだろうけど、昔はCLIだったし。


参考