Help us understand the problem. What is going on with this article?

クエリやファイル処理でメモリを抑える方法

More than 3 years have passed since last update.

DBテーブルやファイルからの読み込みの際、対象データが少ない時はいいのですが、データ量が多くなるとmemory_limitエラーとなったりします。そんなときの最低限度の対応方法について。

DB編

バッファしない

ここによると、クエリは基本バッファされるようなので、明示的に非バッファクエリを実行します。

fetchAll()を呼ばない

いろいろなサンプルはfetchAll()をするものが多いのですが、これはその名の通り、全部取ってくるようなので、ただのfetchを使うほうがいいようです(もしくは、単に($stmt as $row)などとする)。

融合すると下記のような感じ。

<?php

    $dbh = new PDO('mysql:host=localhost;dbname=testdb','user','pass');
    //非バッファクエリの設定
    $dbh->setAttribute(PDO::MYSQL_ATTR_USE_BUFFERED_QUERY,false);

    $stmt = $dbh->prepare('select * from members');
    $stmt->execute();

    //fetchAllしない
    foreach($stmt as $row)
    {
        echo $row['name']."<br>";
    }

ループ部を、

    while($row = $stmt->fetch())
    {
        echo $row['name']."<br>";
    }

としてもよい。

Laravel

Laravelでは、QueryLogの記憶をdisableにする。

DB::connection()->disableQueryLog();

ファイル編

ファイルの読み取り事も対応はいろいろあるようですが、5.5以降であれば、ジェネレーターを利用するのが教科書通りなのかなと。
こんな感じ。

<?php

    function readRows($filename)
    {
        //対象ファイルオープン
        $fp = fopen($filename,'r');

        //最初の1行を読む
        $row = fgets($fp);

        //最後のlineまでループ
        while($row !== false)
        {   
            //値を戻す
            yield $row;
            //次の行を読む
            $row = fgets($fp);
        }

        //ファイルクローズ
        fclose($fp);
    }

    //
    $rows = readRows('input.txt');

    foreach($rows as $row)
    {
        echo $row."<br>";
    }
zaburo
こんにちは。自分用のメモをだらだら公開しています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした