Posted at

Amazon Product APIをPythonで叩く簡単な方法

More than 3 years have passed since last update.

自分でAPIを叩いてもいいんだけど,ドキュメントが読みづらいし,結局リクエストに何のパラメーターが必要なのかパッと書いてないですし,なんか自分でハッシュ化したSigunatureをURLに付けたりしないといけなくて面倒なので,便利なライブラリを使いましょう.

python-amazon-simple-product-api

超便利です.

インストールなどはREADME読めばすぐに分かります.

実際に実行してみるとこんな感じです.

regionを指定してやらないと海外のストアを検索しているのか,商品が見つからないので,region="JP"を忘れないようにしてください.

In [9]: amazon = AmazonAPI(ACCESS_KEY, SECRET_KEY, ASSOCIATE_ID, region="JP")

In [10]: product = amazon.lookup(ItemId='B00E7N623K')
In [11]: product.__dict__
Out[11]:
{'api': <amazon.api.AmazonAPI at 0x1037e9cf8>,
'aws_associate_tag': 'アソシエイトID',
'parent': None,
'parsed_response': <Element {http://webservices.amazon.com/AWSECommerceService/2013-08-01}Item at 0x1035b9e08>,
'region': 'JP'}

In [12]: product.parsed_response
Out[12]: <Element {http://webservices.amazon.com/AWSECommerceService/2013-08-01}Item at 0x1035b9e08>

In [13]: product.parsed_response.ItemAttributes
Out[13]: <Element {http://webservices.amazon.com/AWSECommerceService/2013-08-01}ItemAttributes at 0x10382e508>

ライブラリの中身ではlxmlでxmlのレスポンスをパースしている気がします.

実際,上記の実行例の中でもlxmlのElementインスタンスが入れ子になって含まれていますね.

長々とAPIの公式ドキュメント読みましたが,明らかにこれが楽です.