AdventCalendar
ハードウェア
キーボード
自作キーボード
QMK

社内でキーボードつくる会を企画した話

この記事はオイシックス・ラ・大地株式会社(以下オイラ大地) アドベントカレンダーの16日目の記事です。
15日目は川上さんのSpring BootによるマイクロサービスのJUnitテスト手法を考えるでした。

自己紹介

はじめましてyo.heyといいます。
2018年10月にオイラ大地に入社し、2か月半が過ぎました。
世に言う一人情シスからフルスタックECマネージャを経て、現在はPMをやっています。
これまではエンジニアが少ない会社に長くいたので、高い技術を持ったエンジニア達が周りにたくさんいるだけで、毎日楽しいです。

「キーボードつくる会」を企画した経緯

オイラ大地では、入社すると全社共有ドキュメントに自己紹介を書くのですが、
多くのエンジニアがいるここでならいけると思い、書いたのがこの一行。

「最近はキーボードを作っています。」

とりあえず書いてみるもんですね。
飲みの席で「僕、mint60買おうと思ってるんですよ」、さらにもう一人「買ったけど作ってないのがあって」と声をかけてもらえました。これはもう、やるしかない。

ひとまずスケジュールに入れて、おそるおそるSlackへ。
image.png

すると、参加者が6人に!
それぞれ、以下のキーボードを作ることになりました。
- mint60
- Helix(ただし片方)
- fortitude60
- 未定(これから買う)
- FK138579(わたしはコレ)

「キーボードをつくる会」が出来なかった

さてここからはその模様を、と思っていましたが、師走は忙しいですね。
みなさまにおせちをお届けするほうが大切なので、ひとまず延期に。
年始にリスケになった「キーボードをつくる会をやりましたの話」は、改めて会社のブログにまとめたいと思います。

FK138579

書くことがなくなってしまったので、ここからは、そのわたしが作ろうと思っていたキーボードの話を。
FK138579はFKB8579-USB*1の代わりを探しているうちに、作ればいいじゃないかと思い作ったクローンです。

FKB8579-USB の話

FKB8579-USBは、まだ秋葉原の店舗があったころの「ぷらっとホーム*2」で販売されていました。
発売当時はHHKBキラーと呼ばれていましたが*3、HHKBとキータッチは全然異なり、またカーソルキーがあるのが特徴です。

このカーソルキーの有無が個人的にはポイントで、「小指の付け根で→キーを押す」、「Fnキーも同時に押してEnd」、「さらにCtrlキーも同時に押してCtrl+End」という動きに慣れきってしまいました。
この動きができるキーボードになかなか出会えず、キーキャップが外れたりするようになっても、別のキーボードもなかなか見つけられず。
だましだまし使い続けていたところ、どうもがんばれば作れそうな(時代になった)ことに気づきました。

試作機を作った

ひとまずProMicroと空中配線で試作機を作り、仕事に使おうにもケース作るのが面倒で家に眠ってたのですが、この職場なら許されると思い、先日から業務で使うことにしました。

これがFKB8579で
image.png

これが持ってきた試作機
image.png

使う前からわかってましたが、さすがに耐久性に欠けるので、年明けのキーボードを作る会を目指して、PCBとケースを作成中です。その辺の話は、また別の機会に。

まじめな技術的な話はもちろん、エンジニア以外のメンバーも参加しているのが弊社のいいところだと思いますので、Oisix ra daichi Inc. Advent Calendar 2018もぜひご覧ください。