【インフラ運用経験無しのサーバサイドエンジニア】AWSソリューションアーキテクトアソシエイト合格まで


受験前状況


  • インフラ運用経験なし

  • AWS上で本番サービス構築経験なし

  • AWS触り始めて6ヶ月


学習方法


公式トレーニング

Architecting on AWS

https://aws.amazon.com/jp/training/course-descriptions/architect/

AWSを触り始めてすぐに受けたトレーニング。

基本的な内容はここで学習。


Organizationsで社内勉強用アカウント管理

社内向けのAWSアカウント管理することになったので、以下のようなことをしていました。


  • マスターアカウントから各アカウント発行

  • 各アカウントのCloudTrailログをマスターアカウントのS3バケットに集約

  • ログをlambdaでチェックして通知出したい項目があればSlack通知用SNSにpush


AWS上でWebアプリケーション構築

オンプレで動いているWebアプリ(Linux、apache、PHP、MySQL)をAWS内で構築。

だいたい以下のような構成で作りました。サブネットは3層です。

スクリーンショット 2019-01-04 15.32.37.png


模擬試験

これまで書いてきた状況で大まかな苦手分野の把握と、blackbeltの目処をつけるため、模擬試験を受けました。

トピックレベル
スコア

回復性の高いアーキテクチャを設計する
66%

パフォーマンスに優れたアーキテクチャを定義する 
57%

セキュアなアプリケーションおよびアーキテクチャを規定する
66%

コスト最適化アーキテクチャを設計する
100%

オペレーショナルエクセレンスを備えたアーキテクチャを定義する
100%

総合スコア: 68%

上記の結果と、模擬試験中に学習が必要と感じた点をメモっておきました。

私の場合は以下です。


  • フォールトトレランス

  • S3のI/O周り

  • ECS全般


BlackBelt

https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/

Blackbeltの資料は大量にあるので、

模擬試験の結果を参考に、対象の資料を読みました。


認定試験

2018年12月に受けたので、最新版の試験です。

どのくらい問題数があるかわからなかったので、1問1分くらいのつもりで解いていきました。

結果は8割ほどのスコアで合格でしたが、以下の点をもう少し勉強しておけばよかったと思いました。


  • 暗号化

  • 費用対効果(インスタンスタイプ、ストレージ)

  • Redshift