Particle Photonにdfu-utilを使ってファームウェアを書き込む方法

More than 1 year has passed since last update.

Arduino互換機のParticle Photonに対してdfu-utilを使い、USBケーブル経由でファームウェアを書き込む方法の覚え書き。

dfu-utilのセットアップ

Mac OSXならHomebrewが便利。

$ brew update
$ brew install dfu-util

デバイスの接続と確認

Particle Photonを「DFUモード」にして、USBケーブルを使ってMacと接続します。
DFUモードにする方法はこちらを参照。
USBケーブルを接続したらdfu-util -lで認識されているかどうか確認します。以下は出力例。

$ dfu-util -l
dfu-util 0.8
...
Found DFU: [2b04:d006] ver=0200, devnum=8, cfg=1, intf=0, alt=1, name="@DCT Flash   /0x00000000/01*016Kg", serial="00000000010C"
Found DFU: [2b04:d006] ver=0200, devnum=8, cfg=1, intf=0, alt=0, name="@Internal Flash   /0x08000000/03*016Ka,01*016Kg,01*064Kg,07*128Kg", serial="00000000010C"

ファームウェアの書き込み

本家のファームウェアリポジトリのリリースページから必要なファームウェアをダウンロードします。
リリースノートに書き込み用のコマンドも記述されています。以下はv0.4.7の場合。

$ dfu-util -d 2b04:d006 -a 0 -s 0x8020000 -D system-part1-0.4.7-photon.bin
...
DfuSe interface name: "Internal Flash   "
Downloading to address = 0x08020000, size = 249740
Download    [=========================] 100%       249740 bytes
Download done.
File downloaded successfully
$ dfu-util -d 2b04:d006 -a 0 -s 0x8060000:leave -D system-part2-0.4.7-photon.bin
...
DfuSe interface name: "Internal Flash   "
Downloading to address = 0x08060000, size = 169832
Download    [=========================] 100%       169832 bytes
Download done.
File downloaded successfully

2ファイルともに書き込めたら成功です。たぶん。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.