Help us understand the problem. What is going on with this article?

Android/iOS同時対応動画をエンコードする心得

More than 1 year has passed since last update.

AndroidとiOS両方に対応するならmp4を使う

動画を撮るとき、Androidは.mp4、iOSは.mov (QuickTime)形式で保存されます。
mp4はmovは、様々な形式(コーデック)の動画情報や音声情報を含むことができる「コンテナフォーマット」で、中身の動画や音声の情報の保存方法は別途決められています。AndroidやiOSで動画を撮影した場合、動画コーデックは H.264(別名MPEG-4 AVC) 、音声コーデックはAACで保存されています。

.movはそのままの形式ではAndroidでは再生できませんが、コンテナなので、動画や音声の情報をデコード・エンコードせずにデータをコピーするだけで.mp4に変換できます。iPhoneは.mp4も再生できるので、 .mp4に変換するとAndroid/iOSの両方に対応 できます。
(.mp4は.movをベースに作られています)

H.264のProfileとLevel

H.264(MPEG-4 AVC)では、エンコードおよび再生時に機器に求められる性能(すなわちCPUやメモリ量)、圧縮率、画質といったパラメータが ProfileLevel によって決められていて、用途に応じて変更することができます。機器やデコーダによってサポートされているProfile, Levelが異なるため、再生するデバイスに応じて適切なものを選択すべきです。

  • Profile: H.264でサポートされる動画の圧縮方法のうち、どれを使用できるかを定義します。 Profileがより高いものになると圧縮率や画質が改善しますが、エンコーダとデコーダの実装や処理が複雑になります。 主なものは、簡単な順から Baseline Profile, Main Profile, High Profileです。
  • Level: 解像度やビットレートなど、パラメータの最大値を定義します。 Levelがより高いものになると、画質が向上しますが、データ量と求められる機器性能はより高くなります。 同じLevelでもProfileによってビットレートなどが異なったりします。

スマートフォンやPCにおいても、ハードウェア上のエンコーダ、デコーダを使用するようで、
ソフトウェアが該当するProfile, Levelをサポートしていたとしてもハードウェアで対応されていない場合は、うまく再生できなかったりします。

Androidが対応するProfile/Level

Androidでは公式には(エンコーダ、デコーダのどちらなのか言及なしに)「Baseline Profileがサポートされている」としていますが、Levelについては特に言及がありません。

http://developer.android.com/guide/appendix/media-formats.html

少なくともNexus 5 (Android 4.4)ではMain Profile @ Level 4.0の(解像度を下げた)動画を再生することが出来ました。
また、Nexus 5で動画を撮影すると、Baseline Profile @ Level 4.0になりました。

Xperia acroについて調査した記事が見つかり、Baseline, Main, High @ 3.1は再生できるようでした。

http://d.hatena.ne.jp/shiku_otomiya/20110729/p1

前述のとおり、実際に対応可能なProfile/Levelは端末の性能に依存しているのでしょう。しかし少なくとも、Baseline Profileはサポートされるようです。

iOSが対応するProfile/Level

iOSはiPhone、iPod Touch、iPad上でしか動作しないので、それぞれの端末のスペックを見ることで、対応するフォーマットを確認することができます。

https://www.apple.com/jp/iphone-5s/specs/

また間接的な資料ですが、"HTTP Live Streaming"のドキュメントに、
iPhone 3G、3GS からBaseline Profile @ Level 3.1 のみ をサポートしていたとの記載があります。
それより古い端末の互換性を考えるならBaseline @ 3.0にすべき、また、iPhone 4以上のみ考えるならMain @ 3.1にしておいたほうがよいとの記述もあります。

https://developer.apple.com/library/ios/documentation/networkinginternet/conceptual/streamingmediaguide/FrequentlyAskedQuestions/FrequentlyAskedQuestions.html

ちなみにiPhone 4S (iOS 7.1)ではBaseline @ 4.1になりました。

オレが考えたAndroid/iOS両対応の最強Profile/Level

Androidは公式にはBaselineしかサポートしていないことを考えると、画質を優先する場合の選択肢は下記のとおりになると思います。

  • iPhone 3GSみたいな古い端末をサポートする: Baseline Profile @ Level 3.0
    • ffmpegに-profile:v baseline -level:v 3.0を指定
  • iPhone 4以降に絞ってしてしまう: Baseline Profile @ Level 3.1
    • ffmpegに-profile:v baseline -level:v 3.1を指定

paperclipの場合はgeometryと一緒に下記のような形で指定してください。

convert_options: { output: { :'profile:v' => 'baseline', :'level:v' => '3.1' } }

paperclipでffmpegに直接オプションを渡す方法

streamingする場合など、データ量を減らしたい場合は、より低いLevelを指定することも可能です。

※streamingする場合はstreaming: trueもお忘れなく・・! → コメント参照
※音声コーデックについてはガン無視しました、すみません・・。

追記:AndroidのドキュメントにMain Profileの記述が増えた

https://developer.android.com/guide/topics/media/media-formats.html
いつのまにかBaseline ProfileとMain Profileが別々に書かれていて、Main Profileのdecoderは必須とされています。
しかしながら、CDD (Compatibility Definition Document)に追加されたのがAndroid M (6.0)からだからアテにしないほうが良いとの記載もあります。
https://github.com/google/ExoPlayer/issues/1378#issuecomment-197447909

yuya_presto
[a.k.a. ypresto] Android StudioとXcodeを同時起動しながらAtomでRubyとかES6とか書きつつgitでmergeしてpushする日々。
http://ypresto.strikingly.com
codetakt
学習管理システム「schoolTakt」を運営するEdTechのスタートアップ企業
http://codetakt.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした