Help us understand the problem. What is going on with this article?

日常生活で行う標準化

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

この記事は「標準化のススメ」の続きです

  • 「標準化しよう」といってみたもののやり方がわからない。
  • 何か標準化した実績もないのに、仕事で標準化を提案できない

といった問題を解決するための記事です。

まずは個人的に、仕事とは関係ないプライベートな生活の中から標準化していこう。
それで成果がでたら、自信をもって仕事の中でも実施、提案していこう
というものです。

どんなものを標準化すべき?

標準化するとその標準の作成、メンテ、実施するコストがかかります。
標準化するメリットが、標準を作成、メンテ、実施するコストを上回るか?
考えた上で標準化しましょう。

サンプルで「朝の準備」を例に上げて考えます。

朝の準備リスト(例)

  • 顔洗う
  • 剃り残し、鼻毛がみえていないよう気をつける
  • 髪整える
  • 手洗い・うがいをよくしている
  • 毎朝、トイレで大を済ます
  • 朝ごはんを食べる
  • 歯磨きする
  • ハンカチ・タオル・ティシュを持っている
  • 汚れ、シワに気をつける
  • 上着 肩のフケ・シミに気をつける
  • ポケットがふくらむほど物を入れない
  • ベルトは痛んでいないものをする清潔でゆるみのないものをする
  • シャツは中まで入れてベルトする
  • ベルトはバックルを真ん中にする
  • 水筒持つ
  • 鞄のチャック確認
  • きちんと磨かれ手入れした靴を1日ごとにかえてはく

失敗したら

失敗したことを再発防止のため、リストを改定する

失敗したら、標準改定していきましょう。
しつこいですが、このときも
標準化するメリットが、標準を作成、メンテ、実施するコストを上回るか?
考えた上で改定しましょう。

改定例:

・予定にあわせて準備するものがあったのに忘れ物した。
→「水筒を持つ」の前に「タスクリスト、予定表を確認する」「忘れ物ないか確認する」
・ゴミ出し忘れた。
→「水筒を持つ」の前に「ゴミをもったか」
・傘を忘れて、ずぶ濡れになった。
→「天気チェックし、雨なら折りたたみ傘をもっていく」を追加

※)ホントは夜やることリストも作成し、夜のうちに準備したほうがいいかもしれません。そうすると運用コストも上がりますが。

リスト更新だけじゃなく、自動化も考えよう

繰り返す作業は人間より、コンピュータがやったほうがコストが低い

・傘を忘れて、ずぶ濡れになった。
 →IFTTTアプリで雨なら通知がくるように設定する
  →「雨なら折りたたみ傘をもっていく」を追加
※折りたたみ傘をカバンに入れっぱなしにすればいいんですけどね。

その他、生活の中で繰り返すことは標準化、自動化していきましょう。
・季節ごとの模様替え
・年中行事

標準化することのメリット

成長の履歴がのこる。失敗しても、これは次活かせばいいと思える。
実行し、失敗することの怖さが、軽減する。

成功の反対は、失敗ではなく挑戦しないこと。
失敗には学びがあり、そこで諦めなければ成功への通過点

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away