Help us understand the problem. What is going on with this article?

Railsはassetsに注意しろ

More than 5 years have passed since last update.

productionで運用するときに注意すべきこと。

application.cssとapplication.jsの動作

アプリケーションで利用するcssとjsをassets:precompileで一つのファイルにまとめてます。その上でlayout/application.html.hamlでincludeして、アプリケーションで利用します。

cssとjsの設計に注意

デザイナーさんが画面ごとにCSSやJSを別ファイルにして、名前空間が被ってしまうとapplication.cssやapplication.jsにまとめることができません。そうすると、compileの対象ファイルとならずにproductionだと404になってしまいます。

config.assets.precompileに記述

compileの対象とするために、config.assets.precompileに記述をします。

assetsの設定はこうしろ

  • config.serve_static_assets = false

これ超重要。nginxで見つからないとunicornにいちいち問い合わせがいくのでサーバーの負荷が劇的にあがってしまう。

  • config.assets.compress = true

下りgzにするため必須

  • config.assets.compile = false

trueにするとサーバーで動的にcompileするためにfalseにしないとだめ

  • config.assets.digest = false

digest付与はお好きに。私は好きじゃないのでオフにしています。

  • config.assets.debug = false

debug=trueにすると、application.css/jsと個別のファイルの二重読み込みがされます。

Railsの本が出ます!

RailsとiPhoneではじめるアプリケーション開発
画像

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away