Posted at

OMSA を CLI からサクッとインストールする。 (CentOS 6.x)

More than 3 years have passed since last update.

DELLのサーバをLinuxで使うときに、管理系のプログラムをサクッとインストールしたかった。


DELLのOSMAリポジトリを参照するようにする。

現在は付属のDVDでも提供されているが、DVDがついていないサーバもあるので、ネットワーク経由のインストールが便利だ。

DELLの yum repository を参照するように設定をしておく。

% wget -q -O - http://linux.dell.com/repo/hardware/latest/bootstrap.cgi | sudo bash


対象のパッケージをインストールする。

必要なパッケージは次の3つ。


  • srvadmin-all: Install all OSMA components

  • srvadmin-webserver: Install Web Interface

  • srvadmin-idrac: Install components to manage the Dell Remote Access Card

インストールは、yum でインストール。

% sudo yum install srvadmin-all

% sudo yum install srvadmin-webserver
% sudo yum install srvadmin-idrac
% rehash


手動起動

/opt/dell/srvadmin 以下にインストールされるので、起動スクリプトを実行する。

% sudo /opt/dell/srvadmin/sbin/srvadmin-services.sh start

Starting Systems Management Device Drivers:
Starting dell_rbu: [ OK ]
Starting ipmi driver:
Already started [ OK ]
Starting Systems Management Data Engine:
Starting dsm_sa_datamgrd: [ OK ]
Starting dsm_sa_eventmgrd: [ OK ]
Starting dsm_sa_snmpd: [ OK ]
Starting DSM SA Shared Services: [ OK ]
Starting DSM SA Connection Service: [ OK ]

無事起動できた。


コマンドラインツールを使ってデータを取得してみる。

% omreport chassis

Health

Main System Chassis

SEVERITY : COMPONENT
Ok : Fans
Ok : Intrusion
Ok : Memory
Ok : Processors
Ok : Temperatures
Ok : Voltages
Ok : Hardware Log
Ok : Batteries

For further help, type the command followed by -?

※ omreport は /opt/dell/srvadmin/bin 以下にインストールされる。


Webアクセスインターフェース

https://:1311/ でアクセス可能。ID とパスワードは、root のアカウントを使用する。

draclogin.png

ストレージの情報もWebで確認することができる。

2.png


起動設定

ひと通り確認できたら、サーバ起動時にdaemonが自動起動するように設定する。

$ sudo /opt/dell/srvadmin/sbin/srvadmin-services.sh start

$ sudo chkconfig --list
...
dataeng 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
dsm_om_connsvc 0:off 1:off 2:off 3:on 4:off 5:on 6:off
dsm_om_shrsvc 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
dsm_sa_ipmi 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
...

ということで、これで起動時にdaemonが自動起動される。