Help us understand the problem. What is going on with this article?

なんかききづらいんだけどさっきから言ってる GitHub って何【2019 アドカレ】

GitHub 愛好家による概要

GitHub 愛好家です。プログラミングをはじめてみたい友だちに、「この GitHub っていうサイトにわいの書いたプログラムがあるから見てええで! きみのプログラムもここにアップしたらコメントとかするで!」と言ってたら「なるほどわからん」となったのでイラストつきで自分なりの解説をしてみます。

GitHub 愛好家による説明

↓あなたです。プログラムを書きます。

1.png

↓あなたの友だちです。あなたのプログラムに興味があります。

2.png

↓GitHub というウェブサイトがあります。あなたはそこに自分のアカウントを作ります。

3.png

↓GitHub へあなたのプログラムをアップロードします。この行為を push と呼ぶこともあります。

4.png

↓すると友だちはあなたのプログラムを閲覧したり、ダウンロードすることができます。この行為は pull と呼ぶこともあります。

5.png

↓さらに、「こうしたほうがいいよ」「これはどうかな?」とコメントやレビュー、ひいてはプログラムの修正をすることもできます。

6.png

↓もちろんあなたもそれに加わることができます。

7.png

↓その結果、みんなの力で磨き抜かれた神のプログラムが生まれ全員が幸福になります。

8.png

これらのやり取りはすべて各々の GitHub ページに残り、あなたのプログラミングの成果、あなたの功績がネットに刻まれます。このプログラムの持ち主はあなたですが、友だちの名もプログラムの貢献者としてしっかり残され、みんなとの間に絆が生まれます。 GitHub が「プログラマの SNS」と呼ばれる所以ですね。

さあ、アカウントを作ってみましょう!

具体的な話

GitHub アカウントを作るところはまあ簡単なのですが、実際に GitHub へプログラムをアップロード(push)するのはちょっと手間がかかってしまいます。サイト上の「あっぷろーど」ボタンを押して、自分のぱそこのデスクトップのプログラムをダブルクリックすればアップロードできる、というようなものではないのです。 Git というソフトウェアを使っていくつかコマンドを打ったりなんなりしなければなりません。その説明もしたいところですが、あまり記事が膨らむのもいやなので、具体的な手法は割愛します。「github push やり方」あたりでググればいいのかなとぼんやり思います。

GitHub 愛好家による結び

ネット上に五万とあるような内容ですが、友だちのためにヴィジュアライズな説明をしたかったので、投稿しました。がんばりましたが結局よくわからない初心者にはよくわからない記事になってしまっているような不安もあります……。

私はもともと GitLab 愛好家なのですが(?!)、1年半くらい使ううち、フォロー機能とプロジェクトのピン留め機能を使いたい気持ちがむらむらと湧き上がり GitHub にやってきました。新参者ですがよろしくお願いします。

yuu-eguci
水をあげなくても大丈夫な植物。
http://portfolio.hitoren.net/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした