JavaScript
es2016

あと1ヶ月で2016年も終わるので、ES2016をおさらい。

More than 1 year has passed since last update.

classやアロー関数の登場したES2015に比べて、ES2016は地味な感じがします。
しかし、2017年になる前にもう一度ES2016を振り返ってみましょう!

Array.prototype.includes

これはArray.prototype.indexOfみたいな感じで、配列の中の要素を確認できます。
indexOfとの違いは値があればtrue、なければfalseを返す所です。

すっきり書くことができます。

const items = [1, 2, 3, 4, 5];

// Array.prototype.indexOf
if (items.indexOf(4) !== -1) {
  console.log(items.indexOf(4)); // 3
}

// Array.prototype.includes
if (items.includes(4)) {
  console.log(items.includes(4)); // true
}

Exponentiation Operator

累乗計算に使用するMatn.pow()が簡単に書けるようになりました。

Math.pow(4, 2); // 16
4 ** 2 //16

let count = 3; 
count **= count; // 27

・・・以上です。

まとめ

promiseやgenerator関数に関する仕様の変更はあったみたいですが、ES2016で追加された機能はこれだけみたいです。
個人的には、今後await/asyncなど実用的な機能が追加されるのでそっちのほうが楽しみです。