Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Swift3.0】APIからJSONデータを取得して表示【初心者向け】

More than 3 years have passed since last update.

普段はJavaScriptばかり書いているのですが、Swiftに触れる機会があり、「xcodeの使い方」や「package管理は何を使えばいいのか」など環境の違いに戸惑いました。

同じような人もたくさんいるだろうなと思い、チュートリアルとして書きました。

とはいえ今回はあまりswiftについての説明はありません。
あと何となくstoryboardを使いたくなかったので、使用していません。(TableViewだけだし・・・)

完成するとこんな感じになります。

com1.png

1. プロジェクトを作る

プロジェクトを作る前に作業するフォルダを作ります。
今回はDocuments(書類)直下にswiftフォルダを作ります。

Documents
 └ swift

xcodeを起動したら[File] → [New] → [Project]を選択します。

選択したらProjectを作っていきます。

テンプレートは「Single View Application」を選択します。

スクリーンショット 2016-12-03 14.54.48.png

今回は「AwesomeProject」という名前でプロジェクトを作りました。
この辺りは好きなように作って下さい。

スクリーンショット 2016-12-03 14.56.30.png

2. Package Managerをインストールする

次にPackage Managerをインストールしていきます。
パッケージマネージャの候補は3つありました。

  • Cocoapods
  • Carthage
  • Swift Package Manager

今回は「Carthage」を使ってパッケージ管理をしていきたいと思います。読み方は「カルタゴ」みたいです。
CarthageのインストールにはHomebrewを使用するので、事前にインストール/アップデートをお願いします。

インストール

brew install carthage

3. ライブラリをインストール

terminalでディレクトリに移動します。

cd Documents/swift/AwesomeProject/

移動したらCartfileを作ります。

vi Cartfile

AlamofireとSwiftyJSONを使用するのでCartfileに以下のように書き込みます。

  • Alamofireはリクエストをシンプルにしてくれるライブラリです。
  • SwiftyJSONはJSONの型を定義してくれるライブラリです。
github "Alamofire/Alamofire"
github "SwiftyJSON/SwiftyJSON"

書き込み終わったらCarthageを使ってAlamofireとSwiftyJSONを落としてきます。

carthage update --platform iOS --no-use-binaries

そのまま叩くとSwiftyJSONを使う時にエラーになる為--no-use-binariesオプションを付けています。

*** Fetching SwiftyJSON
*** Fetching Alamofire
*** Checking out Alamofire at "4.2.0"
*** Checking out SwiftyJSON at "3.1.3"
*** xcodebuild output can be found in /var/folders/wt/h0f881ys5697zvh5pvrkhbvr0000gn/T/carthage-xcodebuild.3V1iFn.log
*** Building scheme "Alamofire iOS" in Alamofire.xcworkspace
*** Building scheme "SwiftyJSON iOS" in SwiftyJSON.xcworkspace

4. プロジェクトにライブラリを追加

ライブラリの選択

  1. 左カラムのツリーから[AwesomeProject]を選択します。
  2. 選択したら[General]を選びます。
  3. [Embedded Binaries]の+をクリックして下さい。
  4. ポップアップ(?)が出てくるので[Add Other...]を選択します。
  5. AwesomeProject/Carthage/Build/iOSと移動して.frameworkと書かれたものを選択し、[Open]をクリックします。スクリーンショット 2016-12-03 16.02.17.png
  6. 次にオプションを聞いてくるので[Create folder references]を選択し、[Finish]します。スクリーンショット 2016-12-08 7.08.57.png
  7. 最終的にこんな感じです。スクリーンショット 2016-12-08 7.13.25.png

ライブラリのビルド

  1. [General]から[Build Phases]に移動します。
  2. +を押して[New Run Script Phase]を選択します。 スクリーンショット 2016-12-03 16.14.14.png
  3. Run Scriptを開き、以下のように記述します。
  4. 「Type a script or drag a script file from your workspace to insert its path」と記述されている部分に/usr/local/bin/carthage copy-frameworksと記述します。
  5. Run script only when installingにチェックを入れます。
  6. Input Fileに以下を追加します。
$(SRCROOT)/Carthage/Build/iOS/Alamofire.framework 
$(SRCROOT)/Carthage/Build/iOS/SwiftyJSON.framework

スクリーンショット 2016-12-03 16.51.55.png

5. Swift3.0で実装

AppDelegate.swift

AppDelegate.swift
import UIKit

@UIApplicationMain
class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {

    var window: UIWindow?
    var navigationController: UINavigationController?

    func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplicationLaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {

        // rootになるViewControllerの設定
        let root: ViewController = ViewController()
        navigationController = UINavigationController(rootViewController: root)
        window = UIWindow(frame: UIScreen.main.bounds)
        window!.rootViewController = navigationController
        return true

    }

    func applicationWillResignActive(_ application: UIApplication) {}

    func applicationDidEnterBackground(_ application: UIApplication) {}

    func applicationWillEnterForeground(_ application: UIApplication) {}

    func applicationDidBecomeActive(_ application: UIApplication) {}

    func applicationWillTerminate(_ application: UIApplication) {}


}

ViewController.swift

ViewController.swift
import UIKit
import Alamofire
import SwiftyJSON

class ViewController: UIViewController, UITableViewDelegate, UITableViewDataSource {

    // itemsをJSONの配列と定義
    var items: [JSON] = []

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        // TableViewを作成
        let tableView = UITableView()
        tableView.frame = CGRect(x: 0, y: 0, width: self.view.frame.width, height: self.view.frame.height)
        tableView.delegate = self
        tableView.dataSource = self
        self.view.addSubview(tableView)

        // QiitaのAPIからデータを取得
        let listUrl = "http://qiita-stock.info/api.json";
        Alamofire.request(listUrl).responseJSON{ response in
            let json = JSON(response.result.value ?? 0)
            json.forEach{(_, data) in
                self.items.append(data)
            }
            tableView.reloadData()
        }
    }

    // tableのcellにAPIから受け取ったデータを入れる
    func tableView(_ tableView: UITableView, cellForRowAt indexPath: IndexPath) -> UITableViewCell {
        let cell = UITableViewCell(style: .subtitle, reuseIdentifier: "TableCell")
        cell.textLabel?.text = items[indexPath.row]["title"].string
        cell.detailTextLabel?.text = "投稿日 : \(items[indexPath.row]["send_date"].stringValue)"
        return cell
    }

    // cellの数を設定
    func tableView(_ tableView: UITableView, numberOfRowsInSection section: Int) -> Int {
        return items.count
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }


}

完成

com1.png

まとめ / 感想

内容はそんなに難しくないと思いますが、開発環境の構築などSwiftを学ぶ以前に覚える事が多い印象でした。
SwiftyJSONとAlamofireは便利ですね!

【参考サイト】

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした