search
LoginSignup
2

More than 1 year has passed since last update.

投稿の目的

プログラミングの勉強を始めて3ヶ月程経ったので学んだことのメモをアウトプットとして記事に残します。
これからプログラミングの世界に入る人の手助けになれたら嬉しい限りです。
間違っていたり、言葉が違っていたり、表現が誤解されるような言葉があったら教えて下さい^^
言葉を長々と読みづらかったら申し訳ありません。少しずつなれてがんばります。

今回のテーマは「GitHub」についてです!

プログラミングをやる上でとても大切な役割をしてくれます!
(実務やってない私でもかなりの恩恵を受けています!)
今回は使い方ではなくこんなものだよ〜というのを説明するだけです。

ズバリ!

GitHubとは何かというと
クラウド上で変更履歴含めてをプラグラムしたものを保存してくれる有能なやつ!SNSみたいなイメージです
Google Driveにあるドキュメントやスプレッドシートみたいなものです(使っている人は伝わると思う...)
(個人的見解です)


例えば
スマホで写真を撮ったあとに携帯に保存されますよね。
それをSNSに挙げます!そしてその写真はみんなが見れる!写真を加工したりも出来る。などなど
これのプログラミングバージョンだと私は思っています!

過去の変更履歴も残っているので自分がどのような過程でコードを記載したのか?とか見れます
これが公開されていれば他の人のも見れます!とても勉強になります。
変更履歴を保存出来るのでバックアップが残せるのです!
いつのアプリケーションを複数人で作成する際もGitHubが大活躍します!

自分のパソコンで変更したものをGitHubへ
そして他の作成する仲間達がGitHubの変更履歴から自分のパソコンへ上書き保存みたいなことが出来ます。
離れていても作業が複数人で進められるという優れものです!

使いこなせればかなり有用なツールです
コードを書くことと同時にGitHubの使い方を初心者のうちから慣れていたほうが良いと思いますよ

GitHubを使う上で出てくる用語を一部紹介

用語 説明
リポジトリ ファイルやディレクトリを記録する場所(ここで変更履歴を保存しておける)
リモートリポジトリ GitHubなどのサーバーで管理しているもので他者に共有出来る。オンライン上で保存するイメージかな
ローカルリポジトリ 自分のPC上で管理しているもの。オフライン上で保存してあるイメージ。パソコンのDesktopとかにあるファイルとかと変わらない
コミット ファイルやディレクトリを追加、変更、削除などした履歴を記録すること(コミットとセットでメッセージを残すことを心がける。後で振り返る時に何を行った記録なのか?というのが一目瞭然でわかるからです)
ワーキングディレクトリ 自分が作業するところ
インデックス ワーキングディレクトリで行った作業をコミットする準備の場所みたいな位置です。これがあると作業した中身で一部を除いてコミットしたい場合(パスワードなど機密情報とか)に役に立ちます!これがないとパスワードがオンライン上でさらされることになってします可能性が出てくる

流れは

リモートリポジトリ{GitHub(オンライン上)}
↓↑
↓↑
リモートリポジトリのコピー{自分のPCでリモートリポジトリの情報を確認する時に使うよ(オフライン上)}
↓↑
ローカルリポジトリ
↓↑
[コミット]
↓↑
インデックス
↓↑
[作業した履歴を残す準備]
↓↑
ワーキングディレクトリ


文字だけで分かりづらいですがこの流れをプログラムをしながら要所要所で行います。

今回はここまでです!

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
2