Help us understand the problem. What is going on with this article?

Xcode上で複数バージョンのSDKを同居させる方法

More than 3 years have passed since last update.

Xcodeのアップデートを行うと以前のSDKは消えてしまい、プロジェクトの設定上でも選択できなくなります。
しかし、開発上の都合で一時的に両方のSDKが使用できると都合がいい場合があります。
そんな場合の方法を書いておきます。

手順

1. 希望のバージョンのSDKが含まれるXcode(dmgファイル)をダウンロード
https://developer.apple.com/downloads/
※ログインが必要

2. ダウンロードしたXcodeをインストール
ここで注意するのはすでにXcodeがインストールされている/Application直下にはインストールしないようにすること。
おそらく上書きされて消えてしまいます。
ここでは~/Desktopにインストールしたつもりで説明します。
 
3. 追加したXcodeのSDKのリンクを作成
なぜリンクなのかというとコピーした場合はうまく行かなかったためです。
もしうまくいくならコピーでも問題ないです。
・SDKの配置されているフォルダ 
Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/Developer/SDKs/
ここにiPhoneOS[バージョン].sdkのようにSDKが置いてある。
・コマンド

cd /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/Developer/SDks
ln -s  ~/Desktop/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/Developer/SDks/iPhoneOS[バージョン].sdk .

4. SDKのバージョン設定のplistを編集
リンクを張っただけでは認識されないのでSDKリストの設定を変更します。
・設定ファイルの場所
Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/version.plist

/Application/Xcodeの設定ファイルに~/Desktop/Xcodeの設定ファイルの必要な部分を追記します。
シンプルなので見ればわかるかと思います。
SDKが元々一つの場合は<array>が記述されていないかもしれないので追加時には気をつけてください

5. 反映されていること確認
Xcodeを起動、適当なプロジェクトの設定でSDKの選択肢が増えているのを確認できれば終わりです。
もし反映されていなければOSの再起動も試してみてください。

最後に

僕の場合はXcode7.2(iOS SDK9.2)の環境にXcode6.3.2(iOS SDK8.3)をインストールしSDKを追加しました。
もっと以前から同じ試みはされているようですが、他の方の方法を見る限りXcodeのバージョンなどにより方法も微妙に異なっているようです。

リンク

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away