Posted at

WSLのUbuntu 18.04にRをインストールする

More than 1 year has passed since last update.


Rのインストール

公式の手順に従うと、GPGキーを追加しようとするところで以下のようなエラーになる。

user@machine: $ sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys E298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9

Executing: /tmp/apt-key-gpghome.9mHVAuakLR/gpg.1.sh --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys E298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9
gpg: connecting dirmngr at '/tmp/apt-key-gpghome.9mHVAuakLR/S.dirmngr' failed: IPC connect call failed
gpg: keyserver receive failed: No dirmngr

これはどうやら、dirmngrというデーモンが立ってるはずだけどWSLでは立ってない、ということらしい。

https://github.com/Microsoft/WSL/issues/3286#issuecomment-396653804

さしあたり、公式の手順の「If the first gpg command fails, you may want to try」っていう方をやればいける。

gpg --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys E298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9

gpg -a --export E298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9 | sudo apt-key add -

あとはふつうの手順にどおり。

echo "deb https://cloud.r-project.org/bin/linux/ubuntu bionic-cran35/" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/r.list

sudo apt update
sudo apt-get install r-base-dev


パッケージのインストール

Rのパッケージをインストールするのは、ソースからビルドするのは時間がかかりすぎるのでc2d4u3.5を使う。Ubuntu 18.04は要求されてるバージョンを満たしているのでubuntugis-unstableのPPAを使わなくてもいけるはず。

sudo add-apt-repository ppa:marutter/c2d4u3.5

sudo apt install r-cran-tidyverse r-cran-devtools r-cran-sf r-cran-rstan

もちろん、c2d4u3.5にないやつもあるので、そこはinstall.packages()でインストールする。


RStudio Serverのインストール

ついでにRStudio Serverもインストールする(Emacsを使うつもりなので使わないけど)。公式の手順通り。

sudo apt-get install gdebi-core

wget https://download2.rstudio.org/rstudio-server-1.1.456-amd64.deb
sudo gdebi rstudio-server-1.1.456-amd64.deb

インストール直後はそのまま起動するので http://localhost:8787 にアクセスするとRStudio Serverの画面が見えるはずだ。WSLを閉じてもバックグラウンドで動き続ける。起動や停止は、systemdは動いていないのでserviceコマンドで制御することになる。

# 起動

sudo service rstudio-server start
# 停止
sudo service rstudio-server stop