LoginSignup
8

More than 5 years have passed since last update.

WSLのUbuntu 18.04にRをインストールする

Posted at

Rのインストール

公式の手順に従うと、GPGキーを追加しようとするところで以下のようなエラーになる。

user@machine: $ sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys E298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9
Executing: /tmp/apt-key-gpghome.9mHVAuakLR/gpg.1.sh --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys E298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9
gpg: connecting dirmngr at '/tmp/apt-key-gpghome.9mHVAuakLR/S.dirmngr' failed: IPC connect call failed
gpg: keyserver receive failed: No dirmngr

これはどうやら、dirmngrというデーモンが立ってるはずだけどWSLでは立ってない、ということらしい。

さしあたり、公式の手順の「If the first gpg command fails, you may want to try」っていう方をやればいける。

gpg --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys E298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9
gpg -a --export E298A3A825C0D65DFD57CBB651716619E084DAB9 | sudo apt-key add -

あとはふつうの手順にどおり。

echo "deb https://cloud.r-project.org/bin/linux/ubuntu bionic-cran35/" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/r.list
sudo apt update
sudo apt-get install r-base-dev

パッケージのインストール

Rのパッケージをインストールするのは、ソースからビルドするのは時間がかかりすぎるのでc2d4u3.5を使う。Ubuntu 18.04は要求されてるバージョンを満たしているのでubuntugis-unstableのPPAを使わなくてもいけるはず。

sudo add-apt-repository ppa:marutter/c2d4u3.5
sudo apt install r-cran-tidyverse r-cran-devtools r-cran-sf r-cran-rstan

もちろん、c2d4u3.5にないやつもあるので、そこはinstall.packages()でインストールする。

RStudio Serverのインストール

ついでにRStudio Serverもインストールする(Emacsを使うつもりなので使わないけど)。公式の手順通り。

sudo apt-get install gdebi-core
wget https://download2.rstudio.org/rstudio-server-1.1.456-amd64.deb
sudo gdebi rstudio-server-1.1.456-amd64.deb

インストール直後はそのまま起動するので http://localhost:8787 にアクセスするとRStudio Serverの画面が見えるはずだ。WSLを閉じてもバックグラウンドで動き続ける。起動や停止は、systemdは動いていないのでserviceコマンドで制御することになる。

# 起動
sudo service rstudio-server start
# 停止
sudo service rstudio-server stop

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
8