プログラミング学習記録8〜関数の便利さにようやく気づけた(気がする)〜


今日やったこと


  • Progate Command Line リセット復習

  • Progate JavaScript1~3 リセット復習

  • Progate Git 1周

ProgateのJavaScriptのリセット復習は、今日で終わりにします。

Rubyのレッスンをしっかりやっておけば、3周くらいで十分ですね。


for文・while文とアロー関数

for文はwhile文とできることが同じだが、for文の方がシンプルに書けることを知り、自分で書くときはfor文で書こうと思いました。

あと、関数の書き方で通常バージョンとアロー関数バージョンの2種類を学んだのですが、アロー関数の方が見た目がシンプルでいいですね。

「アロー」とは、英語で書くとarrow、矢という意味らしいです。

見た感じ弓矢に見えるので、覚えやすくでいいですね。

()=>


JavaScript3の最後だけちょっと難しかった(Progate)

Rubyをしっかりやっていたので、基本的にJavaScriptは3まで簡単に感じたのですが、3の演習2だけ難しく感じました。

ただ、英語の構文解釈のように一つずつ順番に読んでいったら理解ました。

具体的な内容はProgateの有料コンテンツのため、詳しくは書けないのですが、「関数を使って、アメリカドルから日本円への換算システムを作りましょう。」というものです。

1回関数を作ってしまえば

関数名(商品名、価格(ドル));

という1行でドル→円の換算ができるもの

最初関数を作るのはちょっと面倒なのですが、後でいちいちかけ算をしなくてもいいので、作ってしまえばあとは楽です。

関数の便利さを身をもって実感できた回でした。

Gitは今日初めて手をつけて、まださらっと1周しかしてないので、理解が浅いです。

なので、引き続き明日からもプログラミング学習を頑張り、Gitを理解していきたいと思います。

おわり