PHP

PHPで学ぶプログラミングの基礎_100DaysOfCodeチャレンジ21日目(Day_21:#100DaysOfCode)

はじめに

この記事はTwitterで人気のハッシュタグ#100DaysOfCodeをつけて、
100日間プログラミング学習を続けるチャレンジに挑戦した21日目の記録です。

動作環境

  • PHP 7.1.16 (cli)

本日学んだこと

  • Progate_PHP学習コース1

PHP

文字列や数値を出力するには、echoを使う。

<?php echo 'Hello, World!'; ?>

Rubyでいうところのputs。

変数の定義は次のように行う。

<?php
  $変数名 = 代入したい値;
?>

Rubyでは$はつけずに、変数を定義する。Javascriptではletconstを使う。

計算の省略は以下の通り

$x = $x + 1; (右の式は左の式と同じ) $x++;(++$x;のように書くと出力前に加算される)
$x = $x - 1; (右の式は左の式と同じ) $x--;(--$x;のように書くと出力前に減算される)

メソッドの定義方法は以下の通り

function メソッド名(引数){
  //実行させたい処理
}

呼び出しは次のように行う

メソッド名(引数);
引数がなくても呼び出しに()は必要

この形式はjQueryと同じ。Rubyだとdef メソッド名 end;で行う。

メソッドを定義する時に、PHPでは仮引数として$引数名として定義する。

function printsum($sum1, $sum2){
  echo $sum1 + $sum2;
}

データの種類

  • 文字列 => 「""」や「''」のようなクォーテーションで囲まれた単語
  • 数値 => 1や32などの数字

変数とは?

データを格納しておく箱のようなもの。プログラムのコードは短ければ短いほど、バグが少なく、読みやすい。
だから変数という箱を用意して、コードを書く量を少なくする。

また、プログラムはその時々で変更されることがあるので、変数を用意しておけば、変更が最小限になるので、後々楽にすることができる。

組み込み関数

関数はメソッドとも呼ばれる。プログラミング言語自体に標準で使えるようになっている関数を、組み込み関数と呼ばれる。