Help us understand the problem. What is going on with this article?

Swift MkMapViewで地図アプリ作成してみた(01)- 地図を表示する

記事一覧

Swift MkMapViewで地図アプリ作成してみた(記事一覧)

環境

  • Xcode 10.01 (Swift 4.2.1) 2018/10/30リリース

プロジェクトを作成する

  1. Xcodeを立ち上げて、Create a new Xcode projectを押す。

    WelcometoXcode.png
  2. Single View Appを選択してNextを押す。

    SingleViewApp.png
  3. Product Nameにアプリ名称を入力する。

    Nextを押すと(4.)の画像にあるGeneralの設定画面が表示される。

    Product Name.png
  4. Display Name、Deployment Target、Deviceを設定する。

    • Display Name:アプリのアイコンなどに表示される名前
    • Deployment Target:iOSバージョン
    • Device:デバイス(iPhone / iPad / Universal)
    General.png

MkMapViewで地図を表示する

  1. storyboardに表示されるデバイスを設定しておく。

    Device.png
    Device2.png
  2. storyboardにMkMapViewを貼り付ける。
    「command + shift + l(エル)」を押すとObjectを選択するWindowが表示される。
    Map Kit Viewをstoryboard上のデバイスまでドラックしてドロップする。

    MkMapView.png

    貼り付けたMkMapViewを画面いっぱいに引き伸ばす。

    MkMapView2.png
  3. ViewController.swiftにMkMapViewの変数を定義する。

    MkMapViewの変数を定義
    import UIKit
    import MapKit
    
    class ViewController: UIViewController {
    
        @IBOutlet var mapView: MKMapView!
    
        override func viewDidLoad() {
            super.viewDidLoad()
            // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
        }
    }
    
  4. mapView変数にMkMapViewを紐付ける。

    Map Viewで右クリックし、Referencing Outletsの○をView Controllerまでドラックしてドロップする。

    MapViewOutlet.png

    紐付ける変数を選択する。
    MapViewOutlet2.png

     
  5. ▶︎を押してPCシミュレータを起動する。

    Runsimulator.png

記事一覧

Swift MkMapViewで地図アプリ作成してみた(記事一覧)

yuta-sasaki
車載ソフトウェア開発者です。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした