Edited at

仕様書と設計書の違い


背景


  • 今まで携わったプロジェクト、人によって、「仕様書」、「設計書」と意味合いが違った呼び方されている。自分の見解を示す


辞書(weblio)を引いて比べてみましょう


仕様書とは


① やり方や、その順序を記した文書。 「作業の-」

② 建築・機械などで、注文品の内容や図などを書いた書類。


https://www.weblio.jp/content/%E4%BB%95%E6%A7%98%E6%9B%B8


設計書とは


建築物やシステムに関する構造、形、機能などを定義したもの。図面で表したものを設計図という。


https://www.weblio.jp/content/%E8%A8%AD%E8%A8%88%E6%9B%B8


自分の見解


  • 辞書を引いて読むと違いは明確になりますね

  • 仕様書は、こう有るべきという仕様(決め事)を記載する書類です。

  • 設計書は、その仕様を実現する為に、「どのようなシステム構成にするか?」、「どうやって作るか?」という実現方法を記載した書類です。


例(ユーザーがWEB掲示板の製造をシステム開発会社に発注した場合)



  • 以下の様な決め事を記載した書類が仕様書です。


    • WEB掲示板にアクセスするときには、ログインが必須であること

    • ログインするときに、ユーザー名とパスワードを入力すること

    • ユーザー名、パスワードが間違っていたら、「ユーザ名、またはパスワードが間違っています」とエラーメッセージを表示すること

    • ユーザー名、パスワードが正しかったら、WEB掲示板のページを表示すること

    • etc




  • 上記の仕様を実現する為に、どうやったら実現できるかその実現方法を記載した書類が、設計書です。


    • WEB掲示板画面表示時に、ログイン状態で無い場合、ログイン画面にXXで画面遷移する。

    • ユーザー名、パスワードのチェックはXXを使用してValidateチェックする。

    • etc




まとめ


  • 厳密に言うと、「仕様書に、設計が記載されていたり」、「設計書に、細かすぎる仕様が記載されている」のはおかしい。

  • でもまあ、小さい案件や、客先に見せないドキュメントであれば、仕様と設計が混在したドキュメントだろうと良いとは思います。

  • が、大きいプロジェクトであれば、用途毎に使い分けた方が良いんじゃないかなと思っています。

  • 話がそれますが、客先に見せる情報、客先に見せない情報など混在した書類だったら、客先から書類を要求されたとき、その都度体裁を整えて、書類を作成しなくてはならないですよね。

  • 自戒も含めてですが、「この書類は、誰を読者として、何を書かなくてはならないのか」を意識しなくてはいけないなと思います。「仕様書」、「設計書」も同様に。