search
LoginSignup
1
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

Laravel バリデーションの検証ルール まとめ

バリデーションの検証ルール まとめ

accept

accept
  • チェックボックスに用いる
  • その項目がtrue、on、yes、1と行った値かどうかをチェックする

active_url

active_url
url
  • active_urlは、アドレスで指定されたドメインが実際に有効なものかどうかをチェックする
  • urlは、urlの形式で書かれているかどうかをチェックする

after

after: 日付
after_or_equal:日付
  • afterは、指定した日付よりも後かどうかをチェックする
  • after_or_equalは、指定した日付と同じかそれより後であるかチェックする

before

before: 日付
before_or_equal: 日付
  • beforeは、指定の日付より前かどうかをチェックする
  • before_or_equalは、指定の日付と同じかそれより前であるかをチェックする

alpha

alpha
alpha-dash
alpha-num
  • alphaは、入力したテキストが全てアルファベットであるかチェックする
  • alpha-dashは、アルファベット+ハイフン+アンダースコアであるかチェックする
  • alpha-numは、アルファベットと数字であるかチェックする

array

array
  • フィールドが配列となっているかどうかをチェックする

bail

bail
  • 複数のバリデーションルールが2つの項目に適用されている時、バリデーションエラーが発生したら残りのバリデーションルールの適用を中断する

between

between: 最小値, 最大値
  • 数値のフィールドで用いる
  • 値が指定の範囲内かどうかをチェックする

boolean

boolean
  • 値が真偽値かどうかをチェックする

confirmed

confirmed
  • パスワードなど、同じ値を二重に入力する場合のチェックに用いる

date

date
date_equals: 日付
date_format: フォーマット
  • dateは、入力されたテキストが日時の値として扱えるかチェックする
  • date_equalsは、入力された値が指定の日付と同じ日付かどうかチェックする
  • date_formatは、入力された値が指定フォーマットの定義に一致しているかチェックする

different

different: フィールド
same: フィールド
  • 指定されたフィールドと同じ値かチェックする
  • differentは、異なる値ならOK
  • sameは、同じ値ならOK

digits

digits: 桁数
digits_between: 最小桁数, 最大桁数
  • 入力された値が、指定された桁数かチェックする
  • digits_betweenは、最小桁数〜最大桁数の範囲内をチェックする

dimensions

dimensions: 設定内容
  • イメージファイルなどを設定する場合に用いる
  • 対象ファイルの内容が設定内容に合致するかチェックする
設定内容
min_width、max_width 最小幅、最大幅
min_height、max_height 最小高さ、最大高さ
width、height 幅、高さ
ratio 縦横比

distinct

distinct
  • 配列として用意されている項目
  • 配列内に同じ値がないかチェックする

email

email
  • 電子メールアドレスの形式かチェックする

exists

exists: テーブル, カラム
  • データベースを利用する場合に使用する
  • 入力された値が、指定データベースの指定カラムにあるかチェックする

file

file
  • type="file"などを用いて、値がアップロードに成功したファイルであることをチェックする

filled

filled
  • その項目が空でないか(何か入力されているか)チェックする

required

required
  • 必須項目であることを示す

image

image
  • ファイルのフィールドで指定
  • 指定されたファイルがイメージファイルかチェックする

gt

gt:  項目
gte: 項目
lt:  項目
lte: 項目
  • 指定した項目と値を比較する

in

in: 値1, 値2, ・・・・
not_in: 値1, 値2, ・・・・
  • inは、入力された値が、in:以降に用意した値に含まれているかチェックする
  • not_inは、入力された値が含まれていないかチェックする

integer

integer
numeric
  • integerは、値が整数であることをチェックする
  • numericは、値が数値であることをチェックする

ip

ip
ipv4
ipv6
  • 値がIPアドレスかチェックする

json

json
  • 値がJSON形式の文字列かチェックする

min

min: 
max: 
  • 値が指定よりも大きいか小さいかチェックする
  • minは、指定の値よりも小さいかチェックする
  • maxは、指定の値よりも大きいかチェックする

mimetypes

mimetypes: タイプ名
mimes: タイプ名
  • type="file"などファイルを指定する項目で、その項目のMIMEタイプをチェックする
  • minetypesは、"image/jpeg"
  • mimesは、"jpeg"

regix

regix: パターン
  • 指定した正規表現パターンにマッチするかチェックする

nullable

nullable
  • nullが可能かどうか(必須項目ではないか)をチェックする

password

password
  • Laravelのユーザー認証機能を利用している場合に使用
  • 認証されている利用者のパスワードと一致するかチェックする

present

present
  • この項目の値が存在することをチェックする

required

required
required_if: 項目, 
required_unless: 項目, 
required_with: 項目
required_with_all: 項目, 項目, ・・・・・・
required_without: 項目値
required_without_all: 項目, 項目, ・・・・・・
  • 必須項目に関する設定
種類
required 必須項目である
required_if 指定した他の項目が指定の値と一致するときのみ必須項目扱い
required_unless 指定の値が存在しないときのみそれ以外の指定項目を必須扱い
required_with 指定した他の項目の値が存在するときのみ必須項目扱い
required_with_all 指定した全ての項目の値が存在するときのみ必須項目扱い
required_without 指定した他の項目の値が存在しない時のみ必須項目扱い
required_without_all 指定した全ての項目の値が存在しない時のみ必須項目扱い

starts_with

starts_with: 
ends_with: 
  • 項目の値が、指定の値で始まるかどうか、あるいは終わるかどうかをチェックする

same

same: 項目
  • この項目の値が、指定の項目の値と一致するかチェックする

size

size: 
  • 値の大きさをチェックする

string

string
  • 文字列の値かチェックする

unique

unique: テーブル, カラム
  • データベース利用の際に使用
  • 指定テーブルの指定カラムに同じ値が存在しないかチェックする

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
1
Help us understand the problem. What are the problem?