This post is Private. Only a writer or those who know its URL can access this post.

Article information
Show article in Markdown
Report article
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unityゆるもく勉強会 in 島根 使用ツールの設定

使うツール

[チャット、音声通話、画面共有]
Discord(ブラウザ版 or デスクトップ版)

[コード共有、同時編集]
Visual Studio 2019 + Live Share インサイダー
or
Visual Studio Code + Live Share Extension Pack

1. Windows(OS)音声設定

Macは分からないので、分かる人に聞いてください。

「設定」 -> 「システム」 -> 「サウンド」
入出力デバイスが、意図した物になっているか確認しましょう。
マイクは、ここでマイクが生きているかテストできます。

2. Discord音声設定(ブラウザ版、デスクトップ版共通)

※アカウント作成、ログインまでは出来ている前提

画面左下のスピーカー、マイクアイコンが、ミュートになっていないか確認します。
ミュートアイコン確認.png
確認したマークの右の歯車のアイコンをクリックします。

「アプリの設定」 -> 「音声・ビデオ」 -> 「音量設定」
入出力デバイスが、意図した物になっているか確認しましょう。
ここで、入出力の音量設定も行っておくと良いです。
Discord音声設定.png

3. Visual Studio Live Share設定

※ 拡張機能の導入までは終わっている前提

Windowsアカウント、または、GitHubアカウントでVisual Studio Live Share機能にログインします。
LiveShare有効化.png
OAuth.png
ログイン出来たら、左下の「Live Share」のアイコンがあったあたりにある、自分のアカウントネームをクリックします。

いろいろと機能が出てきますが、今回は設定だけなので、「Stop Collaboration Session」をクリックして、共有を終了します。
使い終わったら切ろう.png

4. Visual Studio 2019でLive Shareを使って音声通話をするための設定

Visual Studioのメニューバー「拡張機能」から、拡張機能の管理をクリックします。
VisualStudio.png

拡張機能でLive Shareが入っていることを確認したら、「拡張機能の設定を変更する」をクリックします。
(Visual Studio 2019はLive Shareがデフォルトで入っています。2017の場合は入れてください。)
VisualStudioManageExtention.png

設定画面にて、Live Shareをクリックし、Live Shareの詳細設定の機能をインサイダーに変更します。
その後、OKをクリックし、Visual Studioを再起動します。
ModeInsider.png

yusuke-ota
ミーハーなので、話題のテクノロジーにすぐ飛びつきます。(習得できるとは言ってない) はまりポイントで時間を溶かすのが得意です。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした