Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Linuxのリダイレクト vol.2

この前の続き

標準入力、標準出力、標準エラー

Linuxではデフォルトで以下のように割り振られている。
・標準入力→0
・標準出力に→1
・標準エラー出力→2

実際にやってみよう

標準エラー
① 標準エラー aaaというファイルがないということ
[root@taki ~]# ls aaa > test_File.txt
ls: aaa にアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません

② ls aaaの標準エラーをTest_File.txtに出力
[root@taki ~]# ls aaa 2> Test_File.txt

③ Test_File.txtを確認
[root@taki ~]# cat Test_File.txt
ls: aaa にアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません

おまけ
①testfile.txtディレクトリ作成→test.txtファイル作成
[root@taki ~]# mkdir testfile.txt
[root@taki ~]# ll
drwxr-xr-x. 2 root root 6 6月 26 14:09 testfile.txt
[root@taki ~]# cd testfile.txt
[root@taki testfile.txt]# ll
合計 0
[root@taki testfile.txt]# touch test.txt
[root@taki testfile.txt]# ll
合計 0
-rw-r--r--. 1 root root 0 6月 26 14:10 test.txt

②test.txtにaaaa bbbb cccc test 書き込み→testのみ呼び出し
[root@taki testfile.txt]# cat test.txt
[root@taki testfile.txt]#
[root@taki testfile.txt]# vi ettest.txt
"test.txt" 0L, 0C~ ~ ~ ~ ~ -- INSERT --aaaabbbbcccctest:wq"test.txt" 5L, 21C written
[root@taki testfile.txt]# cat test.txt
aaaa
bbbb
cccc
test
[root@taki testfile.txt]# grep "test" < test.txt
test

③終了文字
「<<」の後の文字を入力すると、自動に入力が終わる
[root@taki testfile.txt]# cat <<"E0F"> test.txt
testfiletesttext
testoutput
E0F

④確認
[root@taki testfile.txt]# cat test.txt
aaaa
bbbb
cccc
test
testfile
testtext
testoutput

⑤sample呼び出し→error失敗
[root@taki testfile.txt]# echo sample
sample
[root@taki testfile.txt]# ls error
ls: error にアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません

>& dev/nullを使うと呼び出せない
[root@taki testfile.txt]# echo sample >& dev/null
-bash: dev/null: そのようなファイルやディレクトリはありません

最後のまとめはまた今度にしよう。
コマンドは長いと見にくいから写真がいいな。

yusk919
新卒2年目インフラエンジニア。 構築してみたり運用してみたりした結果、何がやりたいか考えた末にまずはLPIC101を勉強することにしました。 ITを使ってみんなが居心地のいい空間を作れたらいいな、最近はまっていることは、ポーカーとキャンプ
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away