Mac
VisualStudioCode

Mac VisualStudio Codeを使う理由

なぜVSCodeなのか

私は、Atomを使ったことがあります。
Sublimeも評価版を触りました。
あとは、UbuntuのGeditを拡張してターミナルを出したりしていました。
結論として、VSCodeにたどり着きました。

今から個人的に感じたことを書きます。

結論から

VSCodeのメリット

  • 普通にIDEレベルのデバッグ環境を整えられる
  • ターミナルの起動やGITやMarkdownなどプリインストールだけで非常に使いやすい(Atomなどで複数インストールした後の状態がデフォルト)
  • 起動が速い!(Atomより軽い!,Sblimeの方が速いかも...)
  • 無料!(大事)
  • ターミナルの起動は、本当に速いし(気持ちがいい)
  • ターミナルの色やフォントをエディタに合わせてくれる(気持ちがいい)
  • Keybind変え方が分かりやすく便利(大事)

VSCodeのデメリット

  • カレントディレクトリに設定が必要(面倒)
  • 設定をミスるとデバッグがうまく動かない(C言語は難しい)

他のテキストエディタじゃない理由

Atomじゃない理由

Atomの欠点は、起動が遅いところとインストールできるものは豊富でも安定していなかったりします。
一つの例としてAtom上でターミナルを起動すると
フォントなどが若干変な感じになる。しかも起動は遅い。
など

SublimeTextじゃない理由

お金がかかります。
最近は、無料で多くのことができるので
あえてお金を払う気にはなりません。

Geditじゃない理由

起動は、結構早いです。メモ帳速度くらいです。
ただ、Ubuntuしか使いにくい点(Macでインストールしたが苦労したし、依存関係のパッケージめちゃ多かった。)
WindowsでもMacでもLinuxでも使えるものを選ぶべき