SQL
sql初心者

SQL_4大命令_基礎

最近勉強したクエリのメモ(・∀・)
この4つが分かれば簡単な調査とか更新が可能!

SQL 4大命令

・ select(検索)
・ update(変更)
・ delete(削除)
・ insert(追加)

※このメモには書いてないが、update / delete / insert を実際に更新する際は、トランザクションをつけたほうが良い。

使用例 select

■ 全てのカラムを抽出

select * from テーブル名

■ 抽出するカラムを指定

select カラムA, カラムB from テーブル名

■ 抽出する条件を指定

select * from テーブル名
where カラムC = '日本食'

■ 抽出する条件を複数指定

select * from テーブル名
where カラムC = '日本食' and カラムE >= '2018-02-05'

■ 抽出する条件を〜から〜までを指定

select * from テーブル名
where カラムE between '2018-02-05' and '2018-02-08'

■ 抽出する条件を()内のどれかに一致する場合の指定

select * from テーブル名
where カラムC in ('日本食', '洋食') 

■ 抽出する条件を()内のどれにも一致するしない場合の指定

select * from テーブル名
where カラムC not in ('日本食', '洋食') 

■抽出する条件を曖昧に指定 (後方一致var)

select * from テーブル名 
where カラムC like '%食' 

■抽出する条件を曖昧に指定 (前方一致var)

select * from テーブル名 
where カラムC like '日本%' 

■抽出する条件を曖昧に指定 (前方後方一致var)

select * from テーブル名 
where カラムC like '%本%' 

■ 抽出する条件をNULLに指定(nullの抽出は特殊)

select * from テーブル名
where カラムB is null

■ 抽出する条件をNULLじゃないデータを指定(nullの抽出は特殊)

select * from テーブル名
where カラムB is not null

使用例 update

■ 全てのカラムAを更新

update テーブル名
set カラムA = カラムA + 000

■ 更新する条件を指定して更新

update テーブル名
set カラムA = カラムA + 000
where カラムB = A01

使用例 delete

■テーブル内全てのデータを削除

delete from テーブル名

■削除する条件を指定

delete from テーブル名
where カラムC = '日本食'

使用例 insert

■追加するカラムを指定(2行目で指定したカラム順に、3行目データを入れる)

insert into テーブル名
(ID, code, category)
values (12345, A05, '洋食')

■カラムを指定せずに追加

insert into テーブル名
values (12345, A05, '洋食','肉料理','2018-0205')

以上!