Edited at

RVMとは?(RVMを利用したRubyのインストール)

More than 1 year has passed since last update.

RVMとは?

RVMはRuby Version Managerとも言います。

その名前通り、複数のRuby実行環境の管理を簡単にするbashスクリプトツールです。

UNIX系の環境で、複数のRuby処理系をインストール、共存させることができます。

詳しくは、一つの環境に対してRVMを使わずに複数のRubyをインストールする場合、それぞれのRubyでコマンドやインストール方法が違ったりと面倒なことがありました。(例えば、1.8系と1.9系を共存させるには、コンパイル際に実行ファイルをruby1.9にする必要がある。)

でもRVMを導入することでその問題を解決するのができます。

RVMを導入することでできること



○ Rubyのインストール

○ 使用するRuby処理系の切り替え

○ 複数のRubyでスクリプトを一済に実行

○ gemの管理

○ 違いを意識することではなく同じの手順でインストールできる

○ すぐじ最新のRubyを入手できる

○ それぞれのRubyをrubyで実行できる



Rubyのインストールはgemを利用するのが一番簡単だと言われ、、そうしたらgemとはなんだ?

gemとは?

A gem is a packaged Ruby application or library.

gemはRuby applicationやライブラリーのパッケージです。

○ Rubyに本体に付属して標準で入っている

○ ライブラリ・モジュール (perlのCPAN,phpのpearと似てるかな?)

○ gemコマンドを使って簡単にinstallやremoveなどができる。(例 yum,atp,MacPorts)

gemを使ってrvmをインストールする

$ gem install rvm

上のコマンドでインストールができます。

$ rvm-install

シェルを起動した時にRVMのスクリプトを読み込むために.bashrcや.zshrcに以下を記録します。

if [[ -s $HOME/.rvm/scripts/rvm ]] ; then source $HOME/.rvm/scripts/rvm ; fi

記録後、シェルを開き直すとRVMが使用できるようになります。

RVMはrvmコマンドと、そのサブコマンドで構成されています。

主な使い方は

$ rvm help

を利用してください。

RVMを利用してRubyをインストール



rvm install Rubyの種類

$ rvm list known

を使って指定できるRubyの種類を確認できます。

RVMでRubyをインストールするには

$ rvm install ruby-head

コマンドを使用します。

それで rubyのインストールが終りました。

RVMでインストールされた実行ファイルは、環境変数rvm_bin_pathで参照されるディレクトリー以下に配置されます。(デフォルトでは${HOME}/.rvm/bin)

インストール時に使用したソースは環境変数rvm_src_pathで参照されるディレクトリー以下に保存されています。(デフォルトでは${HOME}/.rvm/src)

参考サイト

http://gihyo.jp/dev/serial/01/ruby/0039

http://mukaer.com/archives/2012/03/09/rubyrvmgemrbenv/