Help us understand the problem. What is going on with this article?

XdebugをWindowsのPhpStormに導入する

More than 1 year has passed since last update.

前提

  • Windows環境への導入
  • PhpStorm2017.2.1への導入
  • Vagrant環境への導入
  • Laravel(Homestead)への導入
  • PHP7

目的

  • Xdebugを使えるようにする

操作方法

  1. Windows環境にPHPをインストールする。Vagrant環境にLaravel(Homestead)環境を用意します
  2. https://xdebug.org/download.php からXdebugをインストールします
  3. 2には沢山のバージョンがあり、どれを使ったらいいか分からない(私はそうでした)ので、https://xdebug.org/wizard.php のカスタムインストールを利用します
  4. コマンドで「php -i」と入力するとPHPの情報が表示されるので、それをまるっとコピーして3のサイトに貼り付けます
  5. 推奨のXdebugが表示されるので、それをDLし、指示に従って適する場所に配置します
  6. 5の指示の3番に関して、php.iniファイルに下記を追加します

    [xdebug]
    zend_extension = C:\php\ext\**********************
    xdebug.remote_enable=1
    xdebug.remote_host=127.0.0.1
    xdebug.remote_port=9000
    xdebug.remote_handler=dbgp
    xdebug.profiler_enable=1
    xdebug.profiler_output_dir=C:\Users\******\PhpProj\xdebug
    xdebug.idekey="PHPSTORM"
    
  7. リモート側の設定も変更します

    $ vagrant ssh
    $ sudo vim /etc/php/7.1/mods-available/xdebug.ini
    
    zend_extension=xdebug.so
    xdebug.remote_enable = 1
    xdebug.remote_connect_back = 1
    xdebug.remote_port = 9000
    xdebug.max_nesting_level = 512
    xdebug.idekey = "vagrant" ←これを追記。
    
  8. PhpStormを起動し、ツールバーから設定変更を行います(PhpStormを日本語化しています)。
    image.png

  9. サーバー上の絶対パスとファイル/ディレクトリーのパスが一致するように入力します
    2017-09-08_03h01_26.png

  10. ツールバーの実行->構成の編集をクリックし、デバッグ構成を追加します。ldeキーは任意の値を入力します
    2017-09-08_03h04_57.png

参考

yunomi
プレイすることも創ることも好きなひよっこゲームクリエイター。少しでも先人に追いつけるように日々勉強中です。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした