LoginSignup
19

More than 3 years have passed since last update.

chrome拡張機能の配布手段まとめ

Last updated at Posted at 2020-03-16

作成したChrome拡張機能の配布方法をまとめました。

配布方法一覧

一般公開 限定公開 非公開 ctx ソース配布
インストール可能ユーザ 全て 全て(URLを知っているユーザ) デベロッパーと同一ドメイン 実質自分のみ 全て
ストア検索 ひっかかる ひっかからない ひっかからない 公開しない 公開しない
更新方法 ストア ストア ストア ctxの再配布 ソースの再配布
用途 全ユーザに公開したい ある程度限定的に公開したい ユーザを厳格に絞りたい ストアを使わずに配布したい

ストアでの公開

ストアでの公開方法には現在3つの公開方法があります。

  • 一般公開
  • 限定公開
  • 非公開

拡張機能を更新する際はストア経由が一番楽で管理も容易です。
拡張機能の配布はストアでの公開が推奨されており、ストアにアップロードする方法をまず検討すべきです。

カスタムの Chrome アプリと拡張機能を作成して公開する -Google公式

一般公開

chromeウェブストアで拡張機能が公開できます。
全てのユーザがストアから検索してインストールすることができます。

限定公開

拡張機能はストア経由で配布しますが検索にひっかかりません。
配布したいユーザにURLを送りインストールしてもらいます。

ユーザはGoogleアカウントが不要なので配布しやすいですが、URLを知っているユーザなら誰でもインストールできるので厳密にはユーザを限定することができません。ユーザを絞りたい場合は次の非公開設定を検討すべきでしょう。

非公開

拡張機能の公開ユーザをデベロッパーのドメイン内のユーザに絞ることができます。

例えばアプリを管理するデベロッパーが「extension-admin@hogehoge.com」とすると、
tanaka-koji@hogehoge.com」はインストールできますが、「kato-yuji@piyopiyo.com」はインストールできません。

ドメインで絞るためユーザはGoogleアカウントが必要ですが、厳格に配布制限を行うことができます。

ストア以外での公開方法

ストアを使わずに拡張機能を配布することもできますが、推奨されておらず煩わしいことが多いのでオススメはしません。
ストアで公開できない場合に止むを得ずとる公開方法です。

ctxファイルの配布

拡張機能をctxという形式で圧縮し配布する方法がありましたが、現在はブラウザでブロックされるため実質利用価値はありません。
配布方法の手段として取られることはないでしょう。
Chrome拡張はストア以外から導入不能に ~“インライン インストール”が段階的に廃止へ -窓の杜

ソースごと配布

ユーザは拡張機能のプロジェクトを丸ごとダウンロードし、デベロッパーモードで「パッケージ化されていない機能を読み込む」で拡張機能を使用する方法です。

ファイルサーバやOneDrive上に置いて、それを読み込み先に設定することもできますが、動作が不安定になることが多く、ネットワーク障害で読み込みが失敗すると再設定が必要なことがあります。

基本的に拡張機能の読み込み先はローカルの方が良いでしょう。
(ストア経由でもローカルにダウンロードされています。Google Chromeの拡張機能(エクステンション)が保存されている場所 -牧田結來公式ブログ

ちなみにソース配布だと下のようなアラートがブラウザ起動毎?に表示されてしまいます。
スクリーンショット 2020-03-16 11.08.55.png

共に働くWebエンジニアを募集しています!

不動産SHOPナカジツでは自社サービスを作っていく仲間を募集しています。
詳しくはWantedlyからお問い合わせください。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
19