LoginSignup
6
5

More than 1 year has passed since last update.

Linuxで動かすスクリプトの1行目の設定

Last updated at Posted at 2020-12-08

Linux環境である言語のスクリプトを実行する場合、
エラーが出る可能性を低くするためにに、シバン(スクリプトの1行目)には以下のように記載した方がいいです。

#!/usr/bin/env (language)

具体的には、

  • #!/usr/bin/env ruby
  • #!/usr/bin/env python

といった風に使います。

そもそもenvコマンドとは

envコマンドとは、環境変数の値を一時的に設定 or 削除してコマンドを実行することができるコマンドです。

例えば、dateコマンドで比較してみると以下のようになります。

# 通常時(LANG=ja_JP.UTF-8)のコマンド

$ date
2020年 12月 8日 火曜日 08時54分06秒 JST


# LANG=Cに設定したコマンド

$ env LANG=C date
Tue Dec  8 08:53:42 JST 2020


# bashの場合は、頭のenvは省略できる

$ LANG=C date
Tue Dec  8 08:53:47 JST 2020


# 環境変数LANGを一時的に設定せずにdateを実行

$ env -u LANG date
Tue Dec  8 08:59:18 JST 2020


# 全ての環境変数を一時的に設定せずにdateを実行

$ env - date
Tue Dec  8 08:59:21 JST 2020

また、引数なしでenvと実行すると環境変数一覧が表示されます。
これは printenv コマンドと同様の出力結果になります。

スクリプトへの活用

シバンとは、Linux環境でスクリプトの1行目に記述する特殊な文字列のことであり、
そのスクリプトを実行するインタープリタを示します。

シバンを #!/usr/bin/env (language) としてenvコマンドを使用することで、
PATH環境変数の通っている場所から言語のインタープリタが検索されます。

pythonスクリプトの場合を比較してみます。

  • #!/usr/bin/python と記載した場合
    • pythonのインストールパスが #!/usr/local/bin/python だった場合にエラーとなる
    • virtualenvなどの仮想環境で使用されるpythonパスではないため、仮想環境にてスクリプトを実行できない
  • #!/usr/bin/env pythonと記載した場合
    • PATH環境変数にpythonコマンドが通っていれば使用できる
      • 汎用性・システム間の移植性が高い
    • virtualenvなどの仮想環境上でも使用できる(仮想環境起動時にPATHがうわがかれ)

後者の方がメリットが大きいことは明らかです。

最後に

シェルスクリプトを使い場合には、おまじないのように#!/bin/bashと記載すれば問題なさそうですが、
他のプログラミング言語を使用するときには、 #!/usr/bin/env command を記載した方が良さそうです。

Reference

6
5
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
6
5