Help us understand the problem. What is going on with this article?

実務経験無しの私がRailsで「アイデア投稿サービス」をリリースしてみた

2019/12/21からRailsを使ってオリジナルのwebサービスを開発し始め、2020/1/4にリリースしました。
実務経験の無い私が、独学+スクールで培ったスキルで制作しておりますのでどうか温かい目で御覧ください...(´;ω;`)

制作したWEBサービス

実際に制作したものがこちらになります。

https://ideaspace-net.com
4557bbcb7649a6236d672c9ce5136dd8.gif

サービス名は「ideaSpace」で、普段の生活の中で思いついたアイデアをSNS感覚で気軽に「投稿」&「共有」できるWEBサービスです。

何故このサービスを作ったのか?

私含め、個人で何か開発しようと考えた時に、良いアイデアが中々浮かばず悩まされる人って結構多いと思うんです。

そこで、
「アイデアはあるけど個人の力で実現するのは難しい...」という人と、
「実現する力はあるけどアイデアが思い浮かばない...」という人の両方が活用できるサービスを作ろうと思い、今回アイデア投稿サイトである「ideaSpace」を制作しました。

開発環境

フロント
Haml / Sass / JS / jQuery
バックエンド
Ruby / Ruby on Rails
データベース
MySQL
インフラ
AWS / nginx / Unicorn / Capistrano

DB設計

ideaspace-er.png

競合となるサイトとの差別化

制作しようと決意してから、同じようなコンセプトのサイトがないか検索したところ、いくつかヒットしました。

まず企業が運営しているこちらのサイト
Blabo!
スクリーンショット 2020-01-06 0.52.56.png
こちらのサイトもアイデアを投稿できるサイトですが、特徴的なのは企業や個人から依頼が届き、それに答える形でアイデアを提供するサービスとなっています。
そのため、アイデアをジャンル問わず自由には投稿できないようです。

次に、個人で運営されていた(現在はアクセスできない)サイトで、
HIRAMEKI CAFEというサービスが見つかりました。

アクセス出来なかったので実際に確認はできていませんが、制作者のページを見る限り自由にアイデアを投稿することができ、さらにコメントやグッド(いいねのようなもの)をつけて盛り上がることができるサービスらしいです。

この2つのサービスと差別化を図る為に、以下の4つを主に重視してサービスを制作しました。

ジャンル問わず自由にアイデアを投稿できる
e7eb6946ea0bdec039071ff2b5273246.gif


コメント、いいね機能は勿論、フォロー機能も加えユーザー同士の繋がりを意識する
073bae64742d189af08060adb5ea5d0f.gif


検索機能などを付け加えて、いいね順やコメント数順、カテゴリ検索などを行えるようにする
e294f09abdeb3aef416cddaebdcd49ee.gif


なるべくフラットデザインを意識して無駄なビューは省く
699ea55415d259b133614b36d09132d5.gif

最後に

制作期間は2週間で、開発を急ぎで進めたので現状は必要最低限の機能しか揃っていない状態です。
(投稿、コメント、いいね、フォロー機能など。)

今後は管理画面を制作したり、DM機能を実装したりなど徐々に機能を増やしていきながら運用していこうと思います...!
最後までご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m!!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした