Help us understand the problem. What is going on with this article?

Node書くならEventEmitterについて知っとくべし

More than 5 years have passed since last update.

Nodeの組み込みモジュール・サードパーティモジュール問わず広く使われるのが EventEmitter オブジェクト。
これはNodeで使われるデザインパターンの筆頭みたいなものなので、知っておかねばならない。

ドキュメント: Events

ブラウザ上のJavaScriptで addEventListener を使ってイベントドリブンの開発を行うが、Node上でそれを行うのための機能を提供するのが EventEmitter
例えば次のように使う

var EventEmitter = require('events').EventEmitter;

function asyncFunc() {
  var ev = new EventEmitter;
  console.log('in asyncFunc');
  setTimeout(function () {
    ev.emit('done', 'foo', 'bar');
  }, 1000);
  return ev;
}

var async = asyncFunc();
async.on('done', function(arg1, arg2) {
  console.log(arg1, arg2);
})

これを実行すると in asyncFunc と表示された1秒後に foo bar と表示される。

Nodeを使うと非同期処理が多くなるが、コールバックを受け取る設計では、複数の関数を実行したい時面倒くさい。
そこでコールバックを受け取る代わりに EventEmitter を返すようにする。一回だけしか実行されないなら once を使うといい。

var ev = new EventEmitter;

ev.on('data', function(data) {console.log('on', data);});
ev.once('data', function(data) {console.log('once', data);});

ev.emit('data', 1);
// => on 1
// => once 1
ev.emit('data', 2);
// => on 2
// once は実行されない

組み込みモジュールで EventEmitter を使っているものは非常に多い。非同期処理がからむモジュールは基本的にみな使っていると言って過言でない。
サードパーティだと例えば Socket.IO が同様のインタフェースを用いている。

yuku_t
FLYWHEEL社でソフトウェアエンジニアをしています。昔はIncrements社最初の従業員としてQiitaを開発したりCTOやったりしていました。
http://yuku.takahashi.coffee
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした