Help us understand the problem. What is going on with this article?

実行時に標準出力がパイプされているかどうか判断するにはisattyを使う

More than 5 years have passed since last update.

MySQLコマンドに -e オプションでSQLを渡すと、その結果が標準出力されますよね

% mysql -e 'SELECT * FROM life;'
+------------------------+
| カルマ                 |
+------------------------+
| リア充爆発しろ         |
| 他人の不幸で飯がうまい |
+------------------------+

でも、これをパイプで受け取ると中身が変わるんです。

% mysql -e 'SELECT * FROM life;' | cat
カルマ
リア充爆発しろ
他人の不幸で飯がうまい

これどうやってんのかなと調べてみたら、標準出力がttyに結合してるかどうかを返す isatty なる関数が存在することを知りました。MySQLはこれの値を見て書きだす値を変更しているらしい。

で、これをRubyで書くとこんな感じで区別できる。

isatty.rb
puts STDOUT.isatty

実行してみる

% ruby isatty.rb
true
% ruby isatty.rb | cat
false

なるほどー

yuku_t
FLYWHEEL社でソフトウェアエンジニアをしています。昔はIncrements社最初の従業員としてQiitaを開発したりCTOやったりしていました。
http://yuku.takahashi.coffee
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away