Help us understand the problem. What is going on with this article?

Javaのサポート期間

More than 1 year has passed since last update.

Javaのサポート期限。過渡期で非常にややこしいです。Oracle Java SE Advanced が有償で、OpenJDK と Oracle JDK が無償です。

バージョン LTS リリース日 OpenJDK
サポート期限
RedHatの場合
Oracle JDK
サポート期限
Oracle Java
SE Advanced
延長サポート
6 2006年12月 2016年12月 2013年4月 2018年12月
7 2011年7月 2018年6月 2015年4月 2022年7月
8 2014年3月 2020年10月 [商用利用]
2019年1月
[個人利用]
2020年12月
2025年3月
9 × 2017年9月 2018年3月 なし
10 × 2018年3月 2018年9月 なし
11 2018年9月 2023年9月以降 2026年9月
17 2021年9月 2026年9月以降

LTS(=長期サポート)はバージョン11から開始で、5年サポートで、3年おきにリリース。8以前も長期サポートだったので、同等とし、LTS に ○ を付けました。

このリリースサイクルですと、9もLTSにしないとおかしくないでしょうか?8→11への移行期間が4ヶ月しかないです。まぁ、恐らくバージョン8の商用利用も結局、2020年12月までのサポートに変わるのかもしれません。あと、OpenJDK と Oracle JDK のサポート期限は同一にして欲しいです。全て Java 8 は2020年12月にして欲しいです。

Ubuntu LTS の OpenJDK のサポート期限は発表になっていません。Ubuntu 16.04 の default-jdk は 8 です。Ubuntu 18.04 は default-jdk は openjdk-11-jdk ですが中身は Java 10 で、Java 11 がリリースされ次第 Java 11 に切り替えてこれを長期サポートするという方法になりました。 https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-release/2018-February/004275.html

短期サポートのJavaは次のがリリースされたら即時サポート終了なので、これは開発者にしか使われなさそうですね。次の長期サポートのJavaに備えるための検証用の扱いになりますね。

Ubuntu LTS のように「5年サポート・2年おきにリリース」にすれば、移行期間3年ありますし、2年おきなら変更点の差も小さいですし、そちらの方が良いのではないでしょうか。

出典

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした