Help us understand the problem. What is going on with this article?

今日はチャットボットもどきを作成中

More than 1 year has passed since last update.

こんばんは!

今日は、チャットボットもどきを作成しました。

それではソースコードです。

<!doctype html>
<head>
<title>
チャットボットフォーム
</title>
<style>
body{
backgroud:bulue;
}
hr{
width: 1200px;
}
footer{
bottom: 0;
height: 5em;
position: absolute;

}

</style>
</head>
<body>
<?php
$data = htmlspecialchars($_POST['insertmessage'],ENT_QUOTES,'UTF-8');




'<div class="mycomment">';
//date_defaul_timezone_set("UTC");
echo $data.'<br>';
'</div>';
'<div class="autmaticinterface" >';
$arr = array('おはようございます','こんにちは','','こんばんは','おやすみなさい');
    foreach($arr as $key => $val ){
        $time = sleep(25);

echo $val;

        }

'</div>';
?>

<div>
<footer>
<hr>
  <div class="form">
    <form method="POST">
    <textarea type="text" name="insertmessage" placeholder="用件を入力してください。"></textarea>
    <input type="submit" value="送信">
    </form>
 </div>
</footer>
</body>

こういう書き方をしてみました。

htmlのbodyの中にPHPを入れるようなやり方はあったようななかったようなって

気がしますけども、とりあえずやってみました。

まだ、PHP Data Objectを使っていません。

自分の頭の中でこんな風になったらいいなっていうのを

叶えてみることを目的としてみました。

なので、連想配列とforeach文を使っています。

またsleep関数にかんしては初めて使いました。

「こんばんは」や「おはようございます」

と返したら何秒後かに出る様にしたい

と思って入れてみました。

そして何度か試してみたら

思ったものと少し違うなと思ったりして

現在試行錯誤中です。

PHPマニュアルを見たりしながら

知らない知識を補完したりしています。

CSSも本来の使い方とは違う書き方をしています。

最後にキャプチャを載せます。

OCT19-1.JPG

画像は作り初めにスクショを撮ったものです。

yukitobe
学習障害(LD)3級もち 2018年8月24日に精神障害者保健福祉手帳申請。 2018年9月28日に交付。 ■学習していること Excelマクロでプログラミング PHP HTML5 当ブログをご覧いただければ幸いです。 何卒宜しくお願い致します。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした