Slackタスク管理アプリ: Kyberの使い方(簡易)

Slackでタスクを管理するアプリ(サービス)であるKyberの使い方を簡単にまとめたものです。
難しくないので公式マニュアル見たほうがいいかもしれません。
https://kyber.me/slack-project-management-task-to-do-list-reminders-calendars-team-how-to/

タスクの作成

do

自分に対してタスクを作成します。
自分以外には閲覧できません。

/do メールを送る

自分に対して、「メールを送る」タスクが作成されます。

/do メールを送る by today

今日のタスクとして作成されます。
today以外にもtomorrowやThursday(曜日)、7/5(7月5日)が使えます。
(byはなくても動く)

/do メールを送る by today at 1:00 PM

今日の午後1時のタスクとして作成されます。
(PMを指定をなくすと、作成時の時間によって午前か午後か決まるようです)
* 午後1時ちょうどであれば、1 PMでもよい。
(atはなくても動く)

/do メールを送る by today from 1:00 PM to 2:00 PM

午後1時から午後2時のタスクとして作成されます。
※ from 1:00 PMをなくすと、午後2時期限のタスクとなります。
(fromをなくすと、1:00 PMがタスク名につくだけになるので駄目)

ask

人に対してタスクを作成します。
自分と相手以外には閲覧できません。

/ask @foo to メールを送る by today from 1:00 PM to 2:00 PM

fooさんに対してタスクを作成します。
※ 書式はdoとほぼ同じです。
(メンションの後のtoはなくても動く)

post

プロジェクトとしてタスクを作成します。
プロジェクトメンバーのみが閲覧できます。
以下はチャンネル内での操作です。

/post メールを送る by today from 1:00 PM to 2:00 PM

誰にも割り当てられていない状態のタスクを作成します。
「Assign」で割り当てれば、メンバーに対して割り当てることができます。

/post メールを送る by today from 1:00 PM to 2:00 PM @bar

barさんに割り当てた状態でをタスクを作成します。

タスクの確認

/show

チャンネルで実行すれば、チャンネル(プロジェクト)のタスクが確認でき、slackbotや自分であれば、自分のタスクが確認できます。

/show today

今日のタスクが確認できます。
タスク作成時同様、today以外にも指定できます。

/show sent

自分が送ったタスクを確認できます。

/show all

チャンネル関係なく、自分のすべてのタスクが確認できます。

タスクを完了させる。

showなりでタスクを表示して、「Complete」ボタンを押せば、タスクが完了になります。

注意

長文

/do メールを送る today
あああああ
いいいいい
うううううう
えええええ

とすると、タスク名は「メールを送る あああああ いいいいい うううううう えええええ」となります。