Edited at

CakePHP3のインストールおよびSmarty3の導入

More than 1 year has passed since last update.


:smile: 2016/03/13時点における最新版を前提としています。

:smile: 本記事は、前記事にCakePHP3のインストール方法、およびサンプルを加筆したものです。

前記事はこちら:http://qiita.com/yukikikuchi/items/f64182288a6e23087c12



CakePHP3のインストール


方法1:zipファイルでダウンロード

php.iniに下記を追記(かなり重要)


php.ini

# Windowsの場合

extension=php_intl.dll

CakePHP3をダウンロード

https://github.com/cakephp/cakephp/tags

Downloadsリンクをクリックし、

画面下のcakephp-3-x-x.zipを選択。

任意のフォルダに展開


方法2:Composerでダウンロード

php.iniに下記を追記(かなり重要)


php.ini

# Windowsの場合

extension=php_intl.dll
extension=php_openssl.dll

Composerダウンロード&インストール

https://getcomposer.org/

任意のフォルダ上で実行

composer create-project --prefer-dist cakephp/app ./


Apacheにドキュメントルートを設定

:smile: これでとりあえず動くようになりました。

:smile: ここからSmarty3を導入しましょう。


SmartyViewクラスをダウンロード

https://github.com/yukikikuchi/cakephp3-smartyview

をダウンロード


Smarty本体の設置

Smarty本家サイト

http://www.smarty.net/

からstableをとってくる

2016/03/13現在の最新版は3.1.29です。

app/vendor/smarty

にlib配下のファイルを配置


SmartyViewを使用できるようにする

app/src/View/

にSmartyView.php

を配置

AppControllerを修正


AppController.php

class AppController extends Controller {

public $viewClass = 'App\View\SmartyView';
// 中略
}


レイアウトの修正

src/Template/Layout/default.tplを作成


default.tpl

{$this->fetch('content')}


:smile: これでSmarty3が有効になりました。

:smile: ここからはオマケです。サンプルを作ってみましょう。


画面を作ってみる

コントローラーを作成


src/Controller/SamplesController.php


<?php
namespace App\Controller;

class SamplesController extends AppController
{

public function page()
{
$this->set('hoge', '変数の値');
}
}


ビューを作成


src/Template/sample.tpl

This is tpl.<br>

smarty tag:{$smarty.now}<br>
hoge:{$hoge}<br>
escape:{'<>'|escape}<br>
helper:{$this->Html->link('tttt')}<br>

アクセス!

http://[ドメイン]/samples/page

:smile: いかがでしょうか。

:smile: お役に立てたら嬉しいです!