Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Unity】Unityの環境構築をしてみた ~Unity プロジェクトの作成まで~

0. はじめに

最近、強化学習について勉強をはじめました。
できたらかなり面白そうですよね!
僕は、YouTuber こーじ さんにかなりハマってます。発想から実装まで全て面白いです。
ぜひチャンネル登録してみてください!

今回はこーじさんが Youtube で Unity の環境構築について動画化されてたので、僕もやってみました。

1. 概要

この動画では、
1. Unity をインストール
2. 自分のプロジェクトを作成
3. 強化学習のライブラリ(ML-Agents)をダウンロード
4. 必要なものを自分のプロジェクトに移す
5. brew をインストール
6. brew で pyenvをインストール
7. pyenv で anaconda をインストール
8. anaconda で python の仮想環境を作成
9. 仮想環境内に mlagents をインストール

の手順で紹介されています。

ちなみに、僕のPCのスペックは、

image.png

こんな感じです。
こーじさんは Mojave ですが、僕は Catalina なのでその辺でシェルとかの違いが出てきそうですね。

参考:Catalinaでデフォルトシェルが「zsh」に変わる、bashとの違いは?

2. Unity のインストール

2.1. Unity Hub のダウンロード

Unityをダウンロードから Unity Hubをダウンロードします。

ダウンロードファイルを開きます。

image.png

をAgreeします。

mac特有のアイコンを Application にドロップするやつをして、Finderとかから Unity Hub を起動します。
すると、

image.png

これが出てきます。これで Unity Hub が使えます。

2.2. Unity Hub のサインイン・ライセンス認証

右上の人のアイコンをクリックして、サインインに進みます。

image.png

サインインした後、ライセンスを認証すると、

image.png

までいけます。僕は趣味範囲での利用なので、Personal で登録しました。

【注意点!!】

ここで、アカウントのユーザーを日本語にしていると後の工程でエラーが起きるみたいです。
ローマ字(英語)に書き換えておきましょう。

2.3. Unityエディターのインストール先の指定

右上の歯車アイコンから、一般に入るとこんな画面が出てきます。

image.png

ここでインストール先を指定してあげます。

2.3. Unity のインストール

こーじさんは Unity 2019.2.21f1 を使ってますが、僕は Unity 2019.3.2f1 にします。

image.png

次へで進んで、
モジュールをインストールに加えるのところでは、
- Visual Studio for Mac
- Linux Build Support(Mono)
- Mac Build Support(IL2CPP)
- Documentation
- 日本語

にチェックを付けました。

先に進んでインストールを実行します。
これはかなり時間かかります。
まじで時間かかります。

image.png

気長に待って...

image.png

インストール完了!

3. 新しい Unity プロジェクトの作成

image.png

ここに、プロジェクト名と保存先を指定して、新しい Unity プロジェクトを作成します。
今回は3Dのプロジェクトを作成しました。

作成ボタンを押すと新しいプロジェクトができます。

プロジェクトを起動しようとしても、
「パスが存在しません」みたいに怒られた場合は、もう一度上記の2.3.のインストール先の指定が正しくできているか確認してください。

プロジェクトを起動すると、

image.png

でーん。
灰色のやつ!

続きはまた次回。

yuki_edy
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした