Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ruby on RailsでGitHubからクローンしてアプリを立ち上げるために気をつけること

More than 1 year has passed since last update.

Railsのアプリを1から制作するための環境設定は、どの参考書にも載っていますが、GitHubからクローンしてアプリを立ち上げるための情報を、網羅している情報源は見当たりませんでした。

私は、プログラミング未経験から独学で勉強していまして、GitHubからクローン(Clone)してアプリを立ちあげるのに、かなりつまづいてしまいましたので、初学者の方に参考にしていただければ幸いです。

ちなみに、現在はRSpecについて学ぼうとしているところでして、『Everyday Rails』の環境構築で迷った経験をもとにしています。(一般化して、汎用性の高い考え方にすることを目的としています。)

Ruby on RailsでGitHubからクローンしてアプリを立ち上げるために気をつけること

順番が重要でして、下記の通り進める必要があります。

1.Ruby/Ruby on Railsのバージョン確認
2.Gem関連のバージョン確認
3.データベースの設定

1.Ruby/Ruby on Railsの確認(インストール/バージョンアップ/バージョンダウン)

  • Ruby
  • Rails

RubyやRailsのバージョンは、GitHubの「README.md」というプログラムの仕様を記述するファイルに記載されているはずです。

2.Gem関連のバージョン確認(インストール/バージョンアップ/バージョンダウン)

  • Bundler
    • "gemfile"と"gemfile.lock"に従って、gemを管理をするライブラリ
  • Ruby-gems
    • gemを管理する仕組みで、Rubyで書かれたプログラムを管理するためのパッケージツール(ライブラリ)が簡単に使えるように配布されている場所

上記のバージョンを全てクリアした上で、下記コマンドでGemのバージョンを合わせます。
bundle install

RubyやRailsだけでなく、GemやBundler、Ruby-gemsのバージョンも確認することがポイントですね。

私の場合は、「Bundlerのバージョンをあげようとした時に、Ruby-gemsのバージョンが低いからだめ」というエラーが出たので、「先にRuby-gemsのバージョンを上げてから、Bundlerのバージョンを上げる」ことで解決できました。

3.データベース接続

  • データベース作成(bin/rails db:create)
  • マイグレーションファイル実行(bin/rails db:migrate)

データベースの設定は、クライアント側(自分のPC)で行う必要があります。

ここまでやれば、あとは「bin/rails server」でサーバーを起動して、アプリを立ち上げることができるはずです。

最後に

GitHubからクローンしてアプリを立ちあげるために、留意すべきことを列挙しました。

あとは、エラー文をググって解決の糸口を見つけるしかないですが、その際はUNIXコマンド(ターミナルでの操作)の知識をしっかりつける必要があるな、と感じている次第です。

yuki_0920
29歳、2019年11月よりWEBエンジニア。前職ではエネルギー業界で決算・財務業務にを6年間従事。 趣味は筋トレとインデックス投資
https://muscletech.tokyo
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした