MacでSublimeText3を使う際にShift_JISを文字化けしないようにする

  • 51
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Shift_JISで書かれているcsvファイルをSublimeText3で開くと文字化けするので調べてみました。
vimやemacsを利用している人は大丈夫だと思うのですが、SublimeText3で色々なファイルを開いて見たり編集したい人が対象となる気がします。

Shift_JISのファイルを開いてみる

Shift_JISのファイルを開くと文字が化けます。

Shift_JISのテキスト

Package Controlを使えるようにする

色々便利なパッケージを利用できるようにするため、Package Controlをインストールします。

ConvertToUTF8をインストールする

ConvertToUTF8を使うとUTF-8以外の文字に対応しているということなので、インストールします。

  • shift + command + pを押してCommand Paletteを表示
  • Command Paletteにinstallと入力するとPackage Control: Install Packageが表示されるのでエンターキーを押す Package Control: Install Package
  • 次に、ConvertToUTF8を入力してエンターキーを押すとConvertToUTF8がインストールしてもOops!と言われたりします。 ConvertToUTF8
  • ConvertToUTF8がインストールされると ConvertToUTF8

Codecs33をインストールする

文字化けするので同じようなものが無いかと探すと以下の内容にたどり着きました。
Sublime Text 3 で ConvertToUTF8 を使えるようにする
Codecs33をインストールします。

  • shift + command + pを押してCommand Paletteを表示
  • Command Paletteにinstallと入力するとPackage Control: Install Packageが表示されるのでエンターキーを押す
  • 次に、Codecs33を入力してエンターキーを押すとCodecs33がインストールされる Codecs33
  • インストール完了後、SublimeText3を再起動します

Shift_JISで書かれたファイルを開いてみる

再びファイルを開いてみると、Shift_JISで記載されているファイルが文字化けせずに表示されます。

Shift_JISのテキスト

Shift_JISとタイトルでは書いていますが、EUC-JPなども対応しています。

ConvertToUTF8

文字化けして困っている方が少しでも救われたら嬉しいです。

参考にしたURL