Edited at

Google App Makerの使用準備

More than 1 year has passed since last update.


プログラマーでなくとも、短期間でWebアプリケーション構築できる、ビジネスユースのアプリ作成環境

サイボウズのKintoneやMicrosoftのPowerAppsなどがある。Googleからこれに近い機能のプロダクトが一般公開された。この記事では、実際の利用までに至る、Google Cloud Platform上の設定項目をまとめている。


G Suite Business エディションのアカウントを用意する

いきなり契約しなくとも14日間の無料試用ができる

- https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/products/app-maker/

- https://gsuite.google.com/signup/business/welcome


App Makerが使用できるアカウントを利用する

もしくは、使用しようとしているアカウントがApp Maker使用権が付与されているかどうかを、Google管理コンソールで確認するする。

Google管理コンソール > [アプリ] > [その他の Google サービス] > [App Maker]

https://admin.google.com/AdminHome?hl=ja&pli=1&fral=1#AppDetails:service=App+Maker


Cloud SQL インスタンスを作成する

必要なSQLデータベースは以下の通り。


  • MySQL(データベース エンジン)

  • 第 2 世代(インスタンスの種類)

  • us-central(リージョン)


役割を追加する

[IAMと管理]にて、利用プロジェクトを選択後、以下の役割を追加する。


追加する役割 一つ目


付与する役割


  • Cloud SQL > Cloud SQL 管理者

  • Cloud SQL > Cloud SQL クライアント


追加する役割 二つ目


  • ドメイン名(私の場合は notation.co.jp )


付与する役割


  • Cloud SQL > Cloud SQL クライアント


App Makerのデータベース設定欄にSQLインスタンス名を設定する


SQLインスタンスを確認する


App Makerの設定へ反映させる


準備完了! App Makerを開く

リダイレクトされてしまう場合には、使用アカウント以外のGoogleアカウントを、そのブラウザ上でログアウトすると、リダイレクトされなくなる。