Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
15
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

CentOS8でZabbix5をインストールし、Zabbix Agentを監視する

概要

本書ではCentOS8にZabbix5をインストールします。その後、別のCentOS8にZabbix Agentをインストールし、監視ができるように設定します。

検証環境

ハードウェア : MacBook Air 2019
仮想化ソフト : VirtualBox
仮想OS : CentOS Linux release 8.1.1911 (Core)

1. Zabbix Server側

a. SELinux無効化

下記のコマンドを実施し、SELinuxを無効化する。

# vi /etc/selinux/config
SELINUX=disabled

b. MariaDBのインストール

  1. MariaDBをインストールする。

    # dnf install mariadb mariadb-server
    
  2. MariaDBを起動・自動起動設定を実施する。

    # systemctl start mariadb
    # systemctl enable mariadb
    
  3. MariaDBのrootユーザーの初期パスワードを設定する。

    # /usr/bin/mysql_secure_installation
    (下記メッセージにて設定・確認項目のみ抜粋)
    Enter current password for root (enter for none): 
    OK, successfully used password, moving on...
    
    Setting the root password ensures that nobody can log into the MariaDB
    root user without the proper authorisation.
    
    Set root password? [Y/n] y
    New password: 
    Re-enter new password: 
    Password updated successfully!
    

c. phpのインストール

  1. php,php-fpmをインストールする。

    # dnf install php php-fpm
    
  2. php.iniの時刻設定を編集する。

    # vi /etc/php.ini
    date.timezone ="Asia/Tokyo"
    

d. Apacheのインストール

下記コマンドを実行してApacheをインストールする。

   # dnf install httpd

e. Zabbix5のインストール

  1. Zabbix5のリポジトリをインストールする。

    # rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/5.0/rhel/8/x86_64/zabbix-release-5.0-1.el8.noarch.rpm
    
  2. dnfキャッシュをクリアする。

    # dnf clean all
    
  3. Zabbix5をインストールする。

    # dnf install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-apache-conf zabbix-agent
    

f. Zabbixのデータベース設定

  1. MariaDBにログインする。

    # mysql -uroot -p
    
  2. zabbixデータベースを作成する。

    mysql> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
    
  3. zabbixユーザーを作成する。

    mysql> create user zabbix@localhost identified by 'password';
    
  4. zabbixユーザーに全ての権限を与える。

    mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost;
    
  5. MariaDBから抜ける。

    mysql> quit;
    
  6. zabbix初期データをデータベースに入れる。

    # zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbix -p zabbix
    

g. zabbix_server.confの編集

下記のコマンドを実行し、zabbixデータベースのパスワードを編集する。

# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBPassword=password

h. zabbix.confの編集

下記のコマンドを実行し、タイムゾーンを編集する。

# vi /etc/php-fpm.d/zabbix.conf
php_value[date.timezone] = "Asia/Tokyo"

i. firewalldの設定

http,Zabbix Agentの通信を許可するために下記のコマンドを実行する。

# firewall-cmd --add-port=10051/tcp --zone=public --permanent
# firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
# systemctl restart firewalld

j. Zabbixサービス起動

下記のコマンドを実行し、Zabbixや各種サービスを起動・自動起動設定を実施する。

# systemctl restart zabbix-server zabbix-agent httpd php-fpm
# systemctl enable zabbix-server zabbix-agent httpd php-fpm

k. Zabbix5初期設定

  1. ブラウザを開き、http://[IPアドレス]/zabbixに遷移する。

  2. 「Next step」をクリックする。
    image.png

  3. phpの設定値を確認し、「Next step」をクリックする。
    image.png

  4. データベース設定を入力し、「Next step」をクリックする。
    image.png

  5. 「Next step」をクリックする。(ポート番号は変更しない)
    image.png

  6. 確認画面が表示される。設定値確認後、「Next step」をクリックする。
    image.png

  7. インストール成功画面が表示される。「Finish」をクリックする。
    image.png

  8. ログイン画面が表示される。初期ユーザー名「Admin」、初期パスワード「zabbix」を入力し「Sign in」をクリックする。
    image.png

  9. モニタリング画面が表示されることを確認する。
    image.png

m. Zabbix5の日本語設定

  1. 下記の順序で言語を日本語に設定する。

    • 「User settings」をクリックする。
    • Languageから「Japanese (ja_JP)」を選択する。
    • 「Update」をクリックする。 image.png
  2. 日本語設定が反映されたことを確認する。
    image.png

  3. グラフ画面など、日本語設定による文字化けが発生した場合はzabbix-web-japaneseをインストールする。

    # dnf install zabbix-web-japanese
    

2. Zabbix Agent側

a. SELinux無効化

下記のコマンドを実施し、SELinuxを無効化する。

# vi /etc/selinux/config
SELINUX=disabled

b. Zabbix Agentのインストール

  1. Zabbix5のリポジトリをインストールする。

    # rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/5.0/rhel/8/x86_64/zabbix-release-5.0-1.el8.noarch.rpm
    
  2. dnfキャッシュをクリアする。

    # dnf clean all
    
  3. Zabbix Agentをインストールする。

    # dnf install zabbix-agent
    

c. Zabbix Agentの設定

zabbix_agentd.confを編集する。

# vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
Server=[Zabbix ServerのIPアドレス]
ServerActive=[Zabbix ServerのIPアドレス]
Hostname=[自身のホスト名]

d. firewalldの設定

Zabbix Agentの通信を許可するために下記のコマンドを実行する。

# firewall-cmd --add-port=10051/tcp --zone=public --permanent
# systemctl restart firewalld

e. Zabbix Agentの起動

下記のコマンドを実行しZabbix Agentを起動・自動起動設定を実施する。

# systemctl start zabbix-agent
# systemctl enable zabbix-agent

f. Zabbix Server側にてZabbix Agentを認識する

  1. Zabbix Serverのブラウザ画面に戻り、「設定」→「ホスト」→「ホストの作成」をクリックする。
    image.png

  2. 下記の項目を入力し、「テンプレート」タブをクリックする。

    • ホスト名 : Zabbbix Agentのホスト名を入力
    • 表示名 : Zabbix管理画面に表示される名前を入力
    • グループ : 「選択」をクリックし、「Linux Servers」を選択
    • インターフェース : Zabbix Agentのホスト名・DNS名を入力 image.png
  3. 「新規テンプレートをリンク」から「Template OS Linux by Zabbix Agent」を選択し、「追加」をクリックする。
    image.png

  4. Zabbix Agentのホストが追加されたことを確認する。
    image.png

  5. Zabbix AgentのCPU使用率やメモリ使用率などが取得できていることを確認する。
    image.png
    image.png

  6. Zabbix Agent側のCentOS8を停止させる。その後、Zabbix Server管理画面にて障害が発生していることを確認する。
    image.png

最後に

CentOS8にZabbix5、Zabbix Agentをインストールすることで監視対象のCPUやメモリ使用率を監視することができます。また監視対象のOSが急に停止した場合、Zabbix Server管理画面でZabbix AgentをインストールしているOSと疎通できないことを確認することができ、急なOSの異常に気付くことができます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
15
Help us understand the problem. What are the problem?