Progate学習コースJavaScript Ⅰ ES6

今回は、Progateの学習コースJavaScriptⅠ ES6で学んだ内容をアウトプットしていきます。

PHPとは文法が微妙に異なる点があるので注意が必要です。


出力

console.log("「ES6 学習コース」へようこそ!");

console.log("にんじゃわんこと一緒にES6を学んでいきましょう。");


演算

// 5と3を足した値を出力してください

console.log(5+3);

// 20から8を引いた値を出力してください
console.log(20-8);

// "4 + 5" を文字列として出力してください
console.log("4+5");

// 8と4をかけた結果を出力してください
console.log(8*4);

// 24を4で割った結果を出力してください
console.log(24/4);

// 7を2で割った余りを出力してください
console.log(7%2);


文字列の連結

// 「ひつじ」と「仙人」を連結してコンソールに出力してください

console.log("ひつじ"+"仙人");

// 文字列の「20」と「15」を連結してコンソールに出力してください
console.log("20"+"15");


変数

// 変数nameを定義し、「にんじゃわんこ」を代入してください

let name ="にんじゃわんこ";

// 変数nameの値を出力してください
console.log(name);

// 変数lengthを定義してください
let length = 5;

// 変数lengthの値を出力してください
console.log(length);

// 変数lengthを用いて、円の面積を出力してください
console.log(length*length*3);


定数

// 定数languageを定義してください

const language = "フランス語";

// 定数languageの値を出力してください
console.log(language);

// 定数languageを用いて、「〇〇を話せます」と出力してください
console.log(language+"を話せます");


if文

const age = 17;

// ageの値が10以上20未満のとき、「私は20歳未満ですが、10歳以上です」と出力してください
if (age >= 20) {
console.log("私は20歳以上です");
}
else if(age>=10){
console.log("私は20歳未満ですが、10歳以上です");
}
else {
console.log("私は10歳未満です");
}


switch文

const  rank = 5;

switch (rank) {
case 1:
console.log("金メダルです!");
break;
case 2:
console.log("銀メダルです!");
break;
case 3:
console.log("銅メダルです!");
break;
// defaultの処理を追加してください
default:
console.log("メダルはありません");
break;
}