Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

第5回 Web API を利用するには? ~コーディング編:CData API Drivers~

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

前回 は Web API に接続可能な EAI ツールを紹介させていただきました。

前回までが、ノンコーディングで使用できるものでしたが、今回はいよいよコーディングをするパターンになります。
ですが、ソースコードは一切載せません('◇')ゞビシッ

代わりに CData さんの API Drivers をどういったときに利用するのか。
ここに注力してお話させていただきます。

コーディングが必要な時

ここまでノンコーディングで Web API につなぐお話をしてきましたが、確かにこれだけ簡単に接続することができると、「いったいどういったときにコーディングが必要になるの?」って思いますよねw

大丈夫です。それを説明するのが今回です。

[CData API Drivers]
https://www.cdata.com/jp/drivers/default.aspx

CData API Drivers は、繋ぐ先がデータベースはもちろんのこと、 SaaS であろうとADO.NET を使用して、SQL にてデータが取得できるという、素晴らしいツールになります。接続先の API のお作法を気にせず、すべて SQL で接続できるというのは、開発者のリソースを広げなくてよいという利点があります。

きめ細かな制御が必要な時

これはわかりやすいですよね。SaaS や PaaS を使用すると、確かに簡単に API に接続できますが、きめ細かな制御、例えば入力チェック、レスポンスデータの整形等は、ツールやサービスでは、正直限界があったりします。

また順次処理ではなく、同時に複数のサービスを呼び出さなければいけないようなときもコーディングが必要になります。

あるいは複雑な条件分岐やエラー処理が必要とされる場合も、コーディングが必要になるかもしれません。
「ある条件の時は A というサービスからデータを取得するが、別の条件の時は DB からデータを取得する」といった場合は、ツールやサービスでは難易度がグッと上がります。

ほかにはトランザクションを厳密に管理する必要がある場合もコーディングを必要とするかもしれません。

求められる「選択」

以上のように、様々な要件は考えられますが、結局のところ、実現するための費用対効果。これに尽きると思います。運用面まで含めて、ノンコーディングのサービスやツールで行くのか、CData のようなコンポーネントを使用して接続先を意識することなく、自分たちのサービス実現を目指すのか。

これは選択になります。優劣はつけられません。
大事なことは、まずは API を呼び出すと一言で言っても、多種多様な方法があるということを知ることです。

取りうる方法を知ってから、2年後、3年後、10年後を意識して、どうあるべきか。どうあることが最適かを考え、選択することが必要不可欠となります。この選択は、すなわちビジネスを選択すること、方針を決めることになります。

最後に

5回に渡って、Web API を利用する方法をご紹介してきました。
この5回で皆様がいろいろな可能性を模索して、自分が実現したいことにはどれが適切なのか。これを考えるきっかけになれば、幸いでございます。

最後まで読んでくださった方に、心より御礼申し上げます!

yugoes1021
I'm a Microsoft MVP for Data Platform - Power BI.
http://yugoes1021.weebly.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away