Help us understand the problem. What is going on with this article?

既存EC2インスタンスにAWS Cloud9を構築する

前提条件

  • EC2 インスタンスが既に構築済み
  • 対象インスタンスのセキュリティグループを変更可能(運用的に)
  • EC2にEIPが設定済みである(インスタンス再起動時にEIPじゃないとCloud9で再ログインできなくなる)
  • regionが東京である(東京ではない場合、22portを許可する帯域を調べる必要がある)
  • 踏み台を使って構築することも可能だが今回は行わない

手順

  1. EC2のセキュリティグループに18.179.48.128/27,18.179.48.96/27を22portに対して許可
  2. AWS Cloud9にアクセスする
  3. 「Create environment」を押す
  4. 適当なNameとDescriptionを入れてNextStep
  5. 「User」「Port」に適切な値を入力し、「Host」にGIPを入力する
  6. 「Connect and run in remote server (SSH)」を選択し、「View public SSH key」をクリックして表示される公開鍵を対象のEC2インスタンスの/home/{User}/.ssh/authorized_keysに追加する
  7. 「Next Step」を押し、内容に間違いないことを確認したら「Create environment」でcloud9構築準備完了。画面で進捗が確認できます。

Appendix

作成したユーザ以外からアクセスできるようにする

  1. cloud9にログインし、右上の「Share」をクリック
  2. 「Invite Members」の欄にIAM User名を入力して「Invite」ボタンを押す

Could not run nodeなどとエラーが出てきてaws cloud9が作れない

EC2がAmazon Linuxの場合など、yum repositoryにnodejsがない場合があるので事前に、nvmなどでnodejsをインストールしておく。

東京region以外に作りたいので許可するIP帯を知りたい 

  1. aws cloud9を「Create a new instance for environment (EC2)」を使っていったんaws cloud9用のEC2を作る (後で削除する)
  2. 作られたEC2のセキュリティグループに設定されているIP帯域がそのregionでアクセスしてくるIPアドレスです。
  3. 1で作成したaws cloud9のEC2を削除し冒頭の手順を使ってaws cloud9を作る

EIP忘れてcloud9作ってしまった場合の修正方法

  1. EIPを発行して対象インスタンスに紐づける(この時点で一時的にcloud9に接続できなくなる)
  2. aws cloud9 のコンソールにログインし、対象environmentの[Edit]をする
  3. [Host]のIPをEIPのものに変更し[Save Changes]を押す
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away