ATOM

Windows環境でAtom

More than 1 year has passed since last update.

インストール

Windows Installer を使ってインストールする場合

  • https://atom.io/ から Windows Installer をダウンロードして実行。

chocolatey を使ってインストールする場合

フォントの変更

  1. File > Settings を開く。
  2. Themes > Choose a Theme の your stylesheet をクリック。
  3. styles.less が開かれるので、以下通り変更して保存。
@font-family-p: "メイリオ";
@font-family-m: "MS Gothic";

.tree-view {
  font-family: @font-family-p;
}

// style the background and foreground colors on the atom-text-editor-element
// itself
atom-text-editor {
    font-family: @font-family-m;
}

// To style other content in the text editor's shadow DOM, use the ::shadow
// expression
atom-text-editor::shadow .cursor {

}

.vertical {
  font-family: @font-family-p;
}

.tooltip {
  font-family: @font-family-p;
}

.markdown-preview {
  font-family: @font-family-p;

  h1, h2, h3, h4, h5, h6 {
    font-family: @font-family-p;
  }

  code, tt, atom-text-editor {
    font-family: @font-family-m;
  }
}

等が日本の字形で表示されれば問題ない。

各種設定

  1. File > Settings を開く。
  2. Settings > Editor Settings で必要な項目にチェックを入れる。
    • Show Invisibles (空白や改行等の不可視文字の表示)
    • Soft Wrap (自動折り返し)

パッケージの導入

プロキシの設定(必要なら)

C:\Users\<ユーザー名>\.atom\.apmrcファイルを追加し、プロキシ設定を記述。

proxy = http://...

or

https-proxy = https//...

パッケージのインストール

  1. File > Settings を開く。
  2. Install > Install Packages で対象のパッケージを検索してInstall。

または、
PowerShellで apm install <パッケージ名> を実行。

おすすめパッケージ

  • japanese-wrap (日本語折り返し)
  • file-icons (ファイルアイコン表示)

その他のパッケージ…

使い方

既存ファイルの編集

対象ファイルの右クリックメニューで「Open with Atom」を選択。

キーバインド(一部)

  • Ctrl-S : 上書保存
  • Ctrl-\ : Tree View の表示/非表示
  • Ctrl+, : Settings の表示
  • Ctrl-Shift-M : Markdown Preview の表示・非表示

注意点

atomはバージョン毎に異なるフォルダへ格納されるので、以下の点に注意が必要。

  • 拡張子に関連付けない方がよい。バージョンアップの度に関連付けし直さないと、古いバージョンへ紐付けられたままになってしまう。
  • 同様に、タスクバーへピン止めしない方がよい。
  • 同様に、手動でショートカットを作成しない方がよい。