Help us understand the problem. What is going on with this article?

2017年のmrubyについて

More than 1 year has passed since last update.

今年7月に1.3.0がリリースされた1mruby。去年の今ごろと比べてどうなったでしょうか。まずは1.3.0の内容から見ていきましょう。

mruby v1.3.0

前回のリリースは2015年なので、約2年ぶりのリリースということになります。

The safe navigation operator

mrubyでも「ぼっち演算子」がサポートされたということですね。

Array#dig, Hash#dig

ArrayとHashにdigが実装されました。これはJSONとかを扱うときに便利なものですね。

Object#freeze

Ruby 2.4ではfrozen_string_literalが話題になりましたが、mrubyには1.3.0でfreezeが使えるようになりました。mrubyでも文字列をfreezeすると速くなったりするのでしょうか?

Kernel#caller

Kernel#callerが使えるようになりました。そもそもKernel#callerが何者なのかというと……

https://docs.ruby-lang.org/ja/2.4.0/class/Kernel.html#M_CALLER

デバッグの時に便利そうなメソッドであることがわかります。

RubyKaigi 2017

今年のRubyKaigiでは、mrubyに関係するTalkが2本ありました。確かLTにも1本あったような……

mruby gateway for huge amount of realtime data processing

mruby gateway for huge amount of realtime data processing - RubyKaigi 2017
これはTresureDataで、h2oのmruby handlerを使用して大量のリクエストを捌くのにどうやったか、という内容の発表だと記憶しています。

Write once, run on every boards: portable mruby

Write once, run on every boards: portable mruby - RubyKaigi 2017

毎度おなじみ、TOPPERS Projectの方によるトイレの発表でした。mrubyを用いて、同じ動作をするプログラムを複数のボード(Arduinoのような)で動かすという内容の発表だと記憶しています。

プロダクト

ロリポップ!マネージドクラウド

ロリポップ!マネージドクラウド|オープンβ提供中!

mruby製のコンテナエンジンであるhaconiwa2を全面採用したマネージドクラウドサービスがオープンβリリースされました。

まとめ

mrubyも着々と進化を続けており、今年は正式リリースとはいかないまでもmrubyを採用したサービスを利用できるようになりました。これからのmruby界隈がどうなるか、とても楽しみです。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away