Help us understand the problem. What is going on with this article?

かつてフルスタックと呼ばれていたエンジニアの生存戦略2018

More than 1 year has passed since last update.

この記事は、Makuake Product Team Advent Calendar 2018 4日目の記事です。

世間は12月ということで、イルミなんとかっていうのが席巻しておるようですが、皆様いかがお過ごしでしょう。 @yu0819ki です。
今年2月より株式会社マクアケに入社したわけですが、時が経つのは早いですね。

TL;DL

「手薄」になってるところを補う働きで生きてる!

著者スペック

かつてフルスタックと呼ばれていたエンジニア と題したからには、それなりに自分のスペックを公開しなければならないでしょう、ということでちょっと箇条書していきます。

  • インフラ・ミドルウェア
    • AWSでWEBサービス処理系を作れる程度のクラウドインフラ知識
    • Linuxサーバの基礎知識
    • Apache, nginx, Tomcat, php-fpmなどのWEBサーバ、アプリケーションサーバ周りの知識
    • MySQL, Memcache, Redis, その他KVSに関しての設計・運用知識
    • ネットワークや通信の仕組みに関する基礎知識
    • AnsibleやChefをつかったインフラのコード化
  • サーバサイド
    • PHP
    • Javascript(Node.js)
    • Java
    • Scala
    • Python
  • フロントエンド
    • JS
      • jQuery
      • React
      • Vue.js
      • TypeScript
    • Style
      • CSS3
      • SCSS
  • グラフィック処理
    • Photoshop, GIMP等を使った簡単な加工や素材作成など
  • その他
    • Flash
    • AS3

最近のお仕事

上記スペックを見ておわかりいただけるかと思いますが、一般的なWEBサービスにおいては大概のことが一人で完結できます。
それを活かして、障害や不具合が発生した際に率先して突っ込んでいったり、手薄になっているところをサポートしに行くような動きをよくやっています。
「手薄」と一言で言っても結構振れ幅があり、春ころには「Vue.jsの導入をしたいがフロントエンド人材が手薄」ということでがっつり開発をしていたこともあり、世間的なイメージの保守・運用担当とは一線を画す役割かなぁと思っております。

また最近では、新規参入メンバーに対して、スムーズに自社サービスの理解をしてもらえるように、適度な粒度のタスクを振ったりするような役割も担当しています。
入社時の意気込みとかでよくあるような「できるだけ早く戦力に慣れるようにがんばります!」をサポートする・・・的な役割ですね。
5年も運用しているサービスなので、サービスの機能全体を俯瞰できるようになるには1ヶ月ではちょっと足りなくて、約2ヶ月で大体網羅できることを目指しています。

このように、これまで培ったそこそこ幅広い知識を駆使して、サービスの運営・開発が円滑に進むことを目指して生きてきた2018年でした。
来年は・・・いや、来年も大体同じ生き方をしているような気はしますが、機会がありましたらまた来年も報告します。

おわりに

最後になりますが、株式会社マクアケでは一緒に働くメンバーを募集しております。💪
ご興味が有りましたらご連絡いただけると幸いです!
https://www.wantedly.com/projects/26807

Makuake Product Team Advent Calendar 2018 Advent Calendar 2018
まだまだ続きますので、明日以降もよろしくお願いします!

...One More...?

全然関係ない路線からぶっこんでいくのですが、 phpcs-tsv-reporterというものを作りました。
PHPCSにはもともとcsvのreporterが同梱されて入るのですが、tsvの方がawkで集計しやすかったので。

awkかわいいよawk

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away